中華街でランチ@鳳林♪

中華な気分の週末。

中華街へ相方とランチをすることに。
お店は全然決まってなかったので、ぶらぶら中華街を徘徊。

なにか暖まるものを食べたいね、ということで徐々にお店を絞っていく。
関帝廟通りにあるお店に目を引くものが。

石焼餡かけ炒飯!

おぉ、これは火傷しそうなくらい暖まりそうだ♪
ということで、このお店『鳳林(ほうりん)』さんに決定。

店内はアットホームな感じで、お店のおばちゃんもフレンドリー。

まずは、定番のコーンスープをいただく。
どこのお店のも同じようだけど、微妙に濃度や味付けが異なる。
ここのはかなりとろみが強く、甘さがちょうどいい、美味い!
e0057035_2342380.jpg

ライスペーパーの海鮮春巻きも注文。
これはちょっと変わった食感で楽しい。
衣がふんわり軽くて、全く油っこくない!
レモンをかけてさっぱり食べられるのがいい♪
e0057035_235642.jpg

ここでメインの石焼炒飯が登場。
僕は石焼フカヒレ餡かけ炒飯で、相方は石焼海鮮餡かけ炒飯。
e0057035_2355229.jpg

e0057035_2361759.jpg

これはボリューミーで熱々、食べるのに二人とも四苦八苦。
ちょっと濃い目の餡かけが、卵の絡んだマイルドな炒飯といい感じに調和されて旨い!
熱々の石焼どんぶりの底をかき混ぜると、香ばしいおこげが顔を出す。
フカヒレも結構分厚くて食べ応え十分♪

満腹々々でお店を出る。

お茶は、いつもの『悟空BAR』ではなく『悟空茶荘』のほうに行ってみる。
週末は混んでなかなか席がとれないカフェなんだけど、運よく待たずに座れた。
ここ、昔は喫煙席があって堂々とタバコをふかしながら中国茶を満喫できる素敵なお店だったんだけど、残念ながら今では全席終日禁煙。
なので、しばらく足も遠のいていました。
でも、ここのお茶は中華街の中にあって、比較的良質のお茶を出してくれる貴重なお店。
今日飲んだ木柵鉄観音も非常にフルーティな飲韻で爽やか。
相方はプーアル茶の生茶をいただく。
e0057035_2364525.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2010-11-20 23:02 | 食事


<< 硫黄の香り♪ 内田光子&クリーブランド管弦楽... >>