<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マーロウのプリン2種。

らしさ。

大のプリン好きである。プリンと名のつくものはとりあえず手を出してしまう。が、最近あまりにいろいろ出すぎでもある。なめらかだったり豆乳だったり杏仁だったり。たまには正統のプリンをたっぷりいただきたい。

マーロウのプリン2種。

ここのプレーン・プリンは所謂プリンの材料のみで基本どおりに作られる完璧なプリンなのです。 あぁ、幸せ・・・
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-27 14:29 | ドルチェ

おうちでデザート。

中華街でちょっと珍しい蜂蜜を買って来ました。
クコの実の蜂蜜♪

これ、お店で味見したら、強烈に美味しかったので衝動買い。

で、この蜂蜜を使ってデザートを作る。作るというのは大袈裟か。湯圓を冷やしてこの蜂蜜をかけただけ。

これがまた、夏の中国風デザートとして絶品に!
台湾茶ドットネットの木柵正叢鉄観音との相性もばっちぐんです。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-24 09:21

広東家庭料理「菜」。

激烈美味。

土曜日隔週定例となった歯医者を終えて、相方とのランチ。
今日は中華街の広東料理「菜」をチョイス。

ここのお店は今回で3回目。最初来た頃はランチタイムでもがらすきで、美味しいのにもったいないね、なんて話を相方としてたものですが、今回はかなり混みあってました。どうやら先日TVで放映されたドキュメンタリーの影響らしいです。まぁ盛況になってくれれば潰れないわけで味さえ落ちなければOKです。

ここのお店は店内に「ミニ市場」というコーナーがあって、その日に魚市場で仕入れた新鮮な魚介を陳列して客に選ばせ調理法法も選択できるというユニークなシステムになってます。

本日は島根のマナガツオ、静岡の金目鯛、神奈川の石鯛などなど新鮮な魚が並んでました。僕らがチョイスしたのは金目鯛。これを接客してくれた女の子の力強いお薦めで姿蒸しにしていただくことに。


干し貝柱の白粥。
お腹に優しいお粥で食欲を刺激します。淡白ながら干し貝柱の旨味がでたいい味でした。

海鮮チャーハン。
これは、肉が食べられない相方のために無理を言って作ってもらいました。海鮮焼きそばはあったんだけど、海鮮チャーハンがない、無理だったらいいんですけど・・・とお願いしたらシェフに確認していただきOKがでました♪
忙しいランチタイムに酷い客ですみません。でも、こういうサービスは高評価ですぞ!

アワビのXO醤蒸し。
これもミニ市場のメニューから。これはねぇ、もう食べてみてよ。XO醤と大蒜の利いたトッピングもそれだけで酒の肴(僕は飲めませんが)になる美味さ。それ以上にアワビのウンマイこと、やわらかぁなこと♪小ぶりなアワビなので一個づつの贅沢。

海老餃子。
ここでは以前、飲茶コースをいただいたんですが、その時頼んでウマーだった海老餃子を再び。

金目鯛の姿蒸し。
メインがでーんとやってきました。ふっくら蒸しあがった綺麗な白身!ボリュームもちょうど良いサイズで脂の乗りも程よい感じでランチにはぴったり。おそらく老酒で酒蒸しにしているらしく、香り豊かに仕上がってます。これはホント美味かった、姿蒸しにして正解でした。

デザートにはイチジクのゼリー。
甘い蜜のゼリーとイチジクのジュレが二層になっている。イチジクの果肉もコンポートしたものと生のザク切り果肉で食感の違いが楽しめます♪

相方のデザートは仙草ゼリーのクリームパフェ。
ちょっと漢方の香りのするプニプニした食感の仙草ゼリーに濃厚なソフトクリーム。

ちょっと贅沢なランチになったけど、相方も僕も大満足でお店を後にしました。
ここのお店は中華街では、ホントお薦めです。中華街で迷ったら「菜」へGO!


⇒広東家庭料理「菜」

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町97 一石屋ビル2F
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅 徒歩3分
      JR根岸線石川町駅 徒歩10分
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-23 09:14 | 食事

OZONE夏の大茶会2005。

しこたま。

7月14日~7月19日までの間、新宿のパークセンター内にある東京ガス運営の空間OZONEでは、『夏の大茶会2005~世界のお茶を楽しむインテリアとティーウェア』が開催されてます。地下1階から地上8階に渡って、日本茶・中国茶・紅茶を中心にマテ茶など世界のお茶に関する展示販売が行われている。
e0057035_14134326.jpg


毎年開催されているんだけど、今回初めて顔を出しました。お目当ては、5階にブースを出している『海風號』。のーとみ氏のblog、DRINKIN' CHAにてかなりお買い得な茶壷を出すらしいとの情報を頼りに出掛けました。

今日の新宿は殺人的な暑さ。新宿パークセンターは都庁の横ちょ、ワシントンホテルの裏手にある駅から徒歩10分ほどのところ。この10分で汗だくだくです(泣。

1階の特設会場ではお茶の権威と思われる面々の講演などが催されていましたが、こういうのはあまり興味が無いのでパス。あくまで我流なんですw

5階に着くとお目当ての海風號は、エレベーターのまん前に陣取っていました。ここの店主設楽氏は凄く良いお人だが、商売っ気は無い。ブースの茶壷をあれこれ選ぶ客が来ても近くのソファでお馴染みさんと談笑しているので、設楽氏の顔を知らない客は店主がいないのかと思って通り過ぎてしまう。

今日は茶壷と茶杯をゲットしたかったので、そうそうに選んで設楽さんをお呼びする。値段を聞いてびっくり!そんなに引いてくれるのね。それでは・・・と、もうしばらく茶壷を物色する。

結局、最初買った茶壷の他に茶壷を2つ買ったら茶杯4つおまけに付けてくれた!もう、どんだけサービスするんだろう♪設楽氏曰く「持って帰るのがめんどくさいのでできれば(安くしてでも)売っちゃいたい」のだそうだ。


さてさて、海風號で購入した茶器をご紹介。まずは全員集合!
e0057035_14144669.jpg


これ、全部で定価88,000円っんが、にゃんと42,000円っすよお客さん!あ、ちなみにこれ物欲第二弾です。

まずは、民の時代(大正時代ぐらい)の黒地文字が刻まれた安定感のある茶壷。これ、今回一番のお気に入り♪単孔なので茶葉を選びますが、なんつってもどっしりした形と、お茶で煮た後にわかったんだけど黒いなかにわずかに紅い粒子が入ってるんです。これがなんともいい風合いを出している。
e0057035_14154343.jpg


続いて、茶色い倣古壺(もうこふう)。これ一目惚れです、このぽっちゃりぼってりしたふくよかさ、どこまでも滑らかな曲線。多孔なので茶葉を選ばず、いろいろ使えそう。上の民国の無骨な茶壷がまさに男性的で、こちらは母性を感じさせる女性壷だわ。茶色といってもココアのような明るいバイオレットブラウン、養壷すると良い艶が出そう♪
e0057035_14162440.jpg


ガラスの茶杯。二重構造になっていて、とても薄く軽い。夏は涼しげ~。
e0057035_14172025.jpg


海風號オリジナル茶杯。これは欲しかったんだよね、細身なのに安定感があり、口当たりも凄くいい、中身のお茶が透けるほど薄い。以前は常滑の窯元に依頼していたのだが、職人の腕が落ち、今は景徳鎮の窯に依頼しているそうだ。「ひとつひとつ轆轤を引いているため出来・不出来があるので選んでね」ということなので、口当たりの滑らかなものをいただく。
e0057035_1418314.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2005-07-18 14:07 | 茶器

甘味処「雲母(きらら)」

本日は有給休暇をとって一日相方と過ごしてみたり。

相方とどこか出かけるときの移動手段は、近場なら自転車、遠出するときは電車が多いです。二人ともペーパーなんすわ、お互い、助手席のほうが似合うんだよねぇ、なんっつて運転しようとはしないので、必然的に旅情溢れる電車ガタゴトの旅になるわけです。

まぁ、そんなこんなでこの日も横須賀線で鎌倉駅まで。

おおまかな日程はたててあるんです、鎌倉⇒江ノ島⇒横浜でディナー。
ただ、ディテールは現地でひらめきを頼りに。。。

鎌倉駅に降り立って、僕の頭に浮かんだのは「銭洗弁天」でした。実は行ったことないし、勿論、あのザルにお金を入れてジャブジャブ洗うのも未経験。なんとしても、やりたくてしょうがなくなりました。相方を引きずって一路「銭洗弁天(宇賀福神社)」を目指します。

鎌倉独特の切り通しを抜け、坂道をえっちらおっちら。この季節はためきだす「くずきり」・「カキ氷」ののぼりには目もくれず(嘘です、一応チェックはします)、トンネルを抜けるとそこは銭洗弁天!

こじんまりした社に、湧き水が豊富に流れ出す瀧と洞窟。この洞窟で、皆さんこぞって銭を洗うデス。今日は結構小銭王だったのでたんまりザクザク洗いました。冷たい湧き水がなんとも気持ちよいです。洗ったお金は貯めないで有効に使うのが吉だそうです。

さて、銭洗いの帰り道は、すでにチェックしていた「雲母(きらら)」という甘味処に入りました。すごく雰囲気のいいエントランスで、ひーひー言いながら銭洗弁天に行って来た人は思わず弁天様が現われたかのごとく、吸い寄せられるように戸をくぐるわけです。

e0057035_85806.jpg


落ち着いた店内には数組のおば様方がご歓談。僕と相方は、くずきりと白玉のセットなるものを注文しました。これ、もう絶品でしたわ、特に白玉!大き目のあつあつの白玉が大きなおわんに入って黄粉がまぶされています。そこに黒蜜をかけていただくんですよぉ。美味でしたわ。

e0057035_858191.jpg


このお店を出るときに入り口付近にお座りの上品なおば様が注文していた白玉あんみつを横目で見て、ビックリ!目が点になりました。さきほどの白玉がぼーんとのった特大のお椀に溢れんばかりのあんみつが!

あとでネットで調べたら、ここの名物は「白玉あんみつ」か「抹茶白玉あんみつ」だったようで、「くずきり」なんつうものを堪能して満足していた僕らは全くの裸の王様。悔しいやら、仕切りなおして入店したいやらで、泣く泣くお店を後にしました(なんて言っていても、くずきりには満足しましたです)。

あとあとネットで調べると、ここは休日ともなると70人の行列ができる店だったようです。特に白玉餡蜜は人気で、注文を受けてから練り始める上質の白玉を目当てに遠方からの観光客も多いとか。器にも凝っていて、僕らの葛きりは漆器が使われて炊けど、餡蜜には上品な益子焼きが使われるとのこと。再チャレンジ(平日)は必至ですな!
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-14 08:56 | ドルチェ

横浜ダイニングパーク。

6月の28日にOPENした横浜そごう10Fの「横浜ダイニングパーク」を覗いてみることに。

ここの空間は初めて足を踏み入れるんだけど、ちょっと驚いたぞ、その広さに。
「名店・老舗ゾーン」、「庭園・シーサイドゾーン」、「グルメゾーン」の三つのカテゴリに分けられたフロアに30有余の店舗が入っています。要所々々にコンセルジュが設置されるほど、広いフロアはさながら「食の迷宮」といった趣。

店舗も目ん玉飛び出る老舗割烹から「山頭火」といったラーメン屋までバラエティに富んでいるので、目的・人に合わせていろいろ使えそう。

ぐるぐる歩き回って、お腹もすいてきたので、今回は創業150年の老舗「竹葉亭」という鰻屋に入りました。この竹葉亭は、前からそごうの10Fにあって今回リニューアルオープンしたお店。席数を減らし一席ごとのスペースをゆったり確保した落ち着いて料理を堪能できるお店です。

うなぎがご飯の中にも隠れている「うなぎ中入り丼」を、お吸い物を肝吸いに変更して注文しました。





土用近辺には必ず美味しい鰻を食べようと誓っている2人です。一昨年は「野田岩」、昨年は鎌倉の「浅羽屋」。ここ近年では野田岩が大ヒット。

竹葉亭の中入り丼、美味いです。鰻はふっくら、タレは濃厚なのに意外とすっきり。これは好みだけどご飯はもう少し固めガよいです。おなじ中入り丼でなら野田岩が一枚上手かな。美味しかったんだけどね。今年はもう一回野田岩に行きたくなりました。

さぁ、今日一番の収穫というかなんというか。
この「横浜ダイニングパーク」、だいたいのお店が23時ぐらいまでは営業してます(ラストオーダーは22時ぐらいかな)。そんな中で、イタリアンのお店「イル・ピノーロ レヴィータ」では、ドルチェがテイクアウトできるんですわ(。・:*・。:'・*ドンドンパフパフ。・:*・。:'・*)!

ということは、残業で帰りが遅くなっても!

ケーキが!

買えるということなんです!!!

あぁ、絶頂。。。

なんて話をしていたら、案の定、相方にたしなめられました。


とにかく。
本日は行く店行く店、行き当たりばったりではあったものの、アタリが多かったので相方も僕も満足の一日に。こういう時間は二人にとって貴重だとあらためて。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-14 08:48 | 食事

フランス家庭料理「それいゆ」。

鎌倉の小町通りから一本入ったところにこじんまりと佇む、民家を改造したフランス家庭料理「それいゆ」というお店に入りました。

e0057035_92437.jpg


僕は「仔牛のフリカッセ」、相方は「メカジキのグリエ」というメインのコースwpオーダー。ランチに2,500円(ワイン込み)はどんなもんだろうと思いつつ、大通りから外れれば、こういう雰囲気のよいお店もあるんだなぁと諦観。

e0057035_921775.jpg


e0057035_923284.jpg


料理はお互い大満足、仔牛の柔らかいこと!相方のカジキはちょうど脂の加減とバターソース、バルサミコのバランスが絶妙で溜息しきりでした。

店の表に出て看板をあらためて見ると、「道場六三郎推奨の店」とか書いてあった。うーん、そうなの・・・ちょっとげんなり。味に自信があれば(確かに美味かったし)、へんな宣伝はいらないのになぁ。

おぁ、ここまで2戦連勝、当りのお店を引き当てて満足の二人。続いて、江ノ島に向かうため江ノ電に。ここで寄り道、中国茶のお店「胡胡」で蓋碗を購入、翡翠色の下地に鶴の模様の素敵な絵柄が気に入った。サイズも持ちやすくてグッドです。のちほど洗って公開しますw

江ノ島に着くと、曇りがちだった空模様が切れて陽が差し込みました。暑いぐらいの日差しに辟易しながら江ノ島探索です。

e0057035_9115475.jpg


e0057035_912118.jpg


今回江ノ島は僕は初上陸(相方は3回目らしい)。店閉まいする時間の早いこと、野良猫がそこかしこにもう、フナ蟲のように増殖していることにビックリ仰天です。この島にいる猫は、カメラを向けてもふてぶてしく逃げもしない。その目つきたるや、「なに、手土産もなく勝手に撮るんかい?」とでも言いたげな眼差しです。

相方は猫おばさんと化して、ひたすら猫を携帯カメラで追ってました。そんなに猫好きだっけ?

猫と島を堪能して、ぐったりした二人は、江ノ島から出ている大船行きの京急バスを利用します。当然、しばし爆睡の二人。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-14 08:01 | 食事

残念だけど。

あれ~?今日は映画「スター・ウォーズEPⅢ」観に行くって言ってたのに・・・。

僕の方は残業せずに帰れたのに、残念ながら相方の仕事が長引いて、結局いつもどおりのおウチ de デートになっちゃった。新三部作になってから、エピソードⅠ、Ⅱと一緒に観てきたので、すでに2回観ちゃってるけど、相方とも一緒に観にいきたいんだわさ。

まぁ、でも仕事ならしょうがない、また別の機会に。

ということで、Cキューブの7月限定&新作を堪能して我慢(笑

「リメッタ・フレスカ」
ライムのムースに甘みを抑えたグリオット(さくらんぼ)がアクセントになってます。見た目も味わいも爽やかで夏らしいドルチェです♪


「ローザ」
桃のコンポートがどっさりトッピングされ、その下のムースはどうやらアナナス(パイナップル)のようです。爽やかな酸味と桃のジューシーな甘さが絶妙な一品。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-13 08:44 | ドルチェ

ふらんすやま「わらび餅」。

地元の商店街のケーキ屋さん、ふらんすやまは和テイストのパフェなんかも出してます。

今回いただいたのは、わらび餅をベースにしたパフェで生クリーム、フルーツなどがトッピングされたもの。それぞれの食感が楽しめる愛すべき一品で、程よい甘さの小豆がまたアクセントになってます。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-12 08:41 | ドルチェ

ランチあれこれ。

土曜日デートは久しぶりかも♪

まずは、元町のCAFEでタイカレーのセットをいただく。お米は少し胚芽米が混じってる感じ。カレーには海老とセロリがたっぷりでなかなか美味。量的には女性向の少なめ、セットデザートのロールケーキも1/2カットでした。ちょいガッカリ。


続いていつも行く汐汲坂ガーデンの隣にあるジキル&ハイドで「ふんわり卵のオムライス」を。ここのオムライスは中身のご飯を海老ピラフとチキンライスから選べ、さらにソースもケチャップ、ドミグラス、ケチャップマヨ、サルサソースなどから選べる。僕はサルサでラテン系、相方はドミグラスに海老ピラフというチョイス。

噂になるほどのオムライス、さすがに美味かったです。値段もリーズナブルなんだけど、良質の卵をふんだんに使ってふんわり仕上げているのが凄い! 写真はボケボケです。

ここのお店の店長は大の映画好きだそうで、店内にはハリウッドスターのサイン入りポートレイトがわんさか♪スターウォーズのアナキンの等身大フィギュアやエピソードⅥの冷凍されたハン・ソロなどなど所狭しとレイアウトされてます!ビックリなのはトイレにハリウッドスターとツーショットの写真が何十枚も貼られていました。極めることの凄さを実感!


そーいえば満足なデザートを食べていなかったことに気づく。
元町の香炉庵という和菓子のお店でイートイン。僕は香炉庵セット(胡麻餡のオハギ、ワラビ餅、黒糖どら焼きと抹茶)、相方はお団子セット(みたらし、あんこ、抹茶)。すっきりしたお店の雰囲気でいただく上質の和菓子を堪能。店主に写真撮影を確認したところ、やんわりお断りされました。なにかネットで嫌なことがあったのかも。訊いてみて良かった。

その後、中華街のアジアン家具のLOOPでCD箪笥を発注。再来週に届く予定、乞うご期待。

続いて同じく中華街の茶藝館「茗香閣」へ。僕が阿里茶、相方は六安瓜片を注文。阿里茶は上質なまろみのある香りとすっきりした後味。いいお茶は変な癖がなくて飲みやすい。
いつもは喧騒とは無縁のこの茶藝館が休日ということもあってか、やけに煩い観光客が多かった。一組そういう客がいると、その声に負けずにしゃべろうとする団体が出てきて相乗効果でさらに喧騒が増すわけで。お店の人も困惑気味。残念ながら落ち着いてお茶を楽しむ雰囲気ではなかったなぁ。


久しぶりに相方との水曜日以外のデートで楽しい時間が過ごせたのは良かった一日でした。
[PR]
by amarali1969 | 2005-07-09 08:38 | 食事