<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末の家族の宴。

年末は両親と姉を横浜に招いて家族の忘年会。

自分プロデュースで中華街を案内。中華大通りの賑わいや関帝廟での記念撮影を楽しみ時間まで中華街をぶらぶら。

中華街の名物といえば天津甘栗の路上販売。
「おねえさん、甘栗甘いよ~」の掛け声とともに、特に女性をターゲットにあつあつの甘栗を差し出してきます。
「こんなに甘栗の路上販売があっても誰も買わないよね(^^」なんて家族の先頭を歩いていたら、母親が「あんまり勧めるもんだから・・・」って甘栗一袋お買い上げ。そりゃ、生活かかってますから必死ですよ甘栗売りも。
僕ね、初めて見ました、中華街で甘栗買った人。。。

そうこうしているうちに予約の時間となりました。
今回チョイスしたお店は広東家庭料理「菜」。あんまり高級すぎても恐縮されちゃうし、せっかく中華街にきたんだから美味しいお店に連れて行きたい。ということで肩肘張らずに美味いものが食べられるこのお店。

前菜はアヒルや豚をじっくり揚げ焼したものの冷製。皮がぱりっとして美味い。ココのお店のオープンキッチンには丸ごとのアヒルや豚の半身などが吊るされているんだけど、これは素材や技術に自信がある証だと思う。
e0057035_23484861.jpg

フカヒレのスープは丸のまま入ったフカヒレもさることながら、干し貝柱や鶏がらなどから出たスープが非常に深みのある美味さ♪
e0057035_23491642.jpg

前回訪れた時も一番美味しいと感じた、伊勢海老のマヨネーズ合え。楽しみにしていたのでさっさと取り皿にとってからの撮影。。。
e0057035_234935100.jpg

青菜炒めは思いの外、大蒜が利いていて美味しい箸休めになりました。
e0057035_23495273.jpg

角煮豚とお芋の鍋味噌煮。甘めの中国味噌でじっくり煮込んだとろとろの角煮とほくほくのお芋がなんとも美味い、体も暖まる一品。
e0057035_23501115.jpg

上海蟹の春雨煮込み鍋。蟹味噌は母親に進呈。意外と足にも肉が詰まっていてラッキー♪
e0057035_23502973.jpg

姉に好評だったのが春巻。パリパリの皮、あつあつでボリュームたっぷりの具。僕も好きなんです、この春巻。
e0057035_23504447.jpg

店内の市場からチョイスしたヒラメの蒸し煮。ふっくらした美しい白身を堪能。これは皆に好評でした。
e0057035_23505998.jpg

もうね、この辺でご老体二人は満腹らしい。ここでチャーハンや焼そばだったら僕もやばかったんですが、この刀削麺の焼そばはいくらでも行けそうな感じ。独特な食感で味付けもシンプルで、これは美味かったです。
e0057035_2351131.jpg

デザートはタピオカ入りココナッツミルク、グレープフルーツ果実入りでさっぱり。


満腹満腹でお店をあとにする。

是非父親を悟空茶荘に案内したかったのだけど、生憎満席でかなり待ちそう。しかたなく緑苑直営の茗香閣というお茶屋さんで中国茶を楽しんでもらう。それぞれ4種の中国茶をオーダーして回し飲み。阿里山茶、金宣茶、武夷肉桂、鳳凰単叢といった違いのわかりやすいもので楽しんでもらう。
e0057035_2351341.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2005-12-30 23:46 | 食事

いろいろもらったX'mas

プレゼントを選ぶのが好き。相手のことを考えて、相手の喜ぶ顔を想像しながら迷うのが心地いい♪

もらうのも好き。贈り手が僕のことを考えて迷いに迷って選んでくれた気持ちを想像するとニンマリしてしまう。

今年のクリスマスも嬉しいプレゼントをいただきました。

ホワイトパイソンのZippo!
今回はホントに蛇皮のZippoでしかも作りがしっかりしてる。手触りがなんだかしっとりして手になじむ。
e0057035_23445965.jpg


もひとつ、和風の灰皿!
小引き出しに煙草用具を入れておくようになっている。灰皿にしちゃうのはもったいないので、茶壷を飾ってみました、あは。
e0057035_23451532.jpg


さらに、Zippoのパスケース。今使ってるのはもうボロボロなのでホントに実用的に欲しかったもの。
e0057035_23453230.jpg


全て嬉しいもの、素で嬉しい♪

僕はちょっと安直だけどゲーム好きな相方にPSPを贈りました(子供じゃないんだからねぇ・・・ゴメン)。
[PR]
by amarali1969 | 2005-12-25 23:43 | その他・雑記

古い恋人。

ドイツ語で「アルテ・リーベ」。
そんな名前のレストランが日本大通り神奈川県庁の近くにあります。「旧横浜商工奨励館」で、この建物は「横浜市認定歴史的建造物」だそうです。天井が高く赴きある異国情緒たっぷりの雰囲気。内装はウィーン・ゼセッションホールやクリムトを思わせるこれまた素敵な僕のツボな雰囲気。

いつも隣のカフェに入るたびに気になっていたお店。
今日はクリスマスということもあって予約をしてランチを相方と。

ディナータイムはもう満席だったので、やむなくランチタイム。
でもランチタイムでもディナーコースがいただけるということで、クリスマスディナーを、相方の分は肉抜きで対応していただきました。

座り心地の良い椅子とサービスの行き届いたギャルソンのおかげで非常に寛ぎながら食事が出来ました。もちろん料理は美味でしたよ~♪

・サーモンと帆立のタルタルのブリニ、オセトラキャビア添え
サーモンの生臭さが一切なく柔らかで甘い帆立がうんまい、キャビアが贅沢なアクセント。
e0057035_23362410.jpg


・手長海老ときのこのブーシェ仕立て
サクサクのパイ生地の器の中にプリプリの大振りの手長海老が。舞茸の香り高いソースも絶品。
e0057035_23365293.jpg


・温かいビーツのコンソメ(に添えられているビーツとジュレ)
濃厚な前の一品のあとの箸やすめ。欧州風お新香ってかんじ。
e0057035_23371721.jpg


・舌平目のターバン仕立て、クルクミンの香り、野菜のクルスティヤンを添えて
舌平目をターバンのように巻いて蒸し、スカンピの濃厚なソースでいただく。カリカリに揚げたキャベツ(海苔じゃないよ)とエシャロットの食感が絶妙♪
e0057035_23375986.jpg


・シャンパンと紅茶のグラニテ
紅茶の渋さがアクセントになって口の中がさっぱり。
e0057035_23383227.jpg


・粒マスタードと香草でマリネした黒毛和牛のロースト、キャラメリーゼしたポテトガレットを添えて
この肉が柔らか!粒マスタード、赤ワインソース、バジルソースの波状攻撃にノックアウト・・・
e0057035_2339468.jpg


・相方のメイン、黒ソイのバジルソース添え
e0057035_23392584.jpg


・赤と黒のクリスマスデザート
左から甘酸っぱいフランボワーズソースを包んだ溶ける寸前のチョコレート、フランボワーズのソルベ、苺とフランボワーズのジュレ、これでもかとフランボワーズソースをかけた焼き菓子。。。
もう昇天の一皿、お察しください。
e0057035_23394341.jpg


このお店ではディナータイムには異国の弦楽楽士さんが生演奏を披露してくれます。それが楽しみでディナーにしたかったのね。で、今回はあきらめていたら、クリスマスということでランチタイムも生演奏が付いてました。弦楽ではなくチェンバロンというルーマニアの民族楽器、ピアノやチェンバロの始祖みたいな楽器です。ピアノの弦の部分をバチでたたく感じ。これがねぇ、全くせつなく甘いメロディを奏でてくれます。
e0057035_23401295.jpg


2時間かけていただいた至福のランチ、ゆったりとした幸せな時間がいつのまにか過ぎていきました。

◆アルテリーベ
 神奈川県横浜市中区日本大通り11番地
 横浜情報文化センター1階
 ⇒ホームページ

e0057035_23404781.jpg

この写真は食後、お茶を飲みに行ったみなとみらいのクィーンズスクエアのクリスマスツリー、凄い人ごみ!
e0057035_234162.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2005-12-25 23:33 | 食事

海風號聖誕祭セール♪

23-25日まで海風號(かいふうごう)ではクリスマスセール。

魅力的な茶壷がお手軽な値段で並んでました。

セールということもあって、常連さんが多い。
まぁ、なんだ、ちょっと邪魔臭い。

そんな居心地の悪さもあって、早々に茶壷をひとつ購入して退散。
e0057035_23392120.jpg

オーナーが以前「大千茶楼」でお使いになっていた灰皿もいただいちゃった(無料)。
「十個ぐらいもってってよ」って言われたけど、つつましやかに2個。
e0057035_23393990.jpg

narumiのボーンチャイナでなかなか良いです、この灰皿。
e0057035_23395496.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2005-12-24 23:40 | 茶器