<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明前碧螺春♪

e0057035_8485924.jpg

昨年もいただいた台湾茶ドットネットさんの台北縣三峡鎮の「明前碧螺春(みんぜんへきらしゅん-めいぜんぴーろうちゅん- みんちえんびーるーちゅん)」。

今年も良いロットが確保できたとのこと早速予約していた物が先週届いた。平日はゆっくり堪能できないので週末、満を持して淹れて見た。
e0057035_8491524.jpg

封を切ると仄かに広がる若々しい緑茶の香り。細かい繊毛を有した茶葉は細く螺旋に捩(よじ)れ、濃い深緑の中に驚くほど鮮やかな碧(みどり)がところどころ顔を覗かせる。
e0057035_8492682.jpg

茶海で少し冷ましたお湯を注ぐと茶葉は一層蒼さを増し目を楽しませてくれる。
e0057035_850560.jpg


そうそう、今日はよりすっきり味を楽しみたかったので久しぶりに蓋碗でいただきました。手が慣れたのか茶器がこなれたのか、非常に使い勝手が良くなってきた蓋碗。値段にかかわらず、意識せずに自然に使える茶器が僕にとっては良い茶器です。そういう意味でこの蓋碗はとってもお気に入りの良い茶器になってきたことを再認識。

香りは、1煎目はぱっと鮮烈な若々しい香りが立ち上り、碧螺春の独特な木の実のようなまろみのある落ち着いた香りがそれに勝ってくるのが3煎目。


3煎目の茶葉の状態と茶湯の色&12煎目の茶葉の状態と茶湯の色。
かなり茶葉はくたくたになっているけど葉脈のしっかりした力強さにもう何煎かはいけますよと訴えかけられているよう。

≪台湾茶ドットネット≫

お茶請けを出してきたのは8煎目くらいから。今日は「ふらんすやま」のドイツ・チーズケーキ&ミニシュークリーム。
e0057035_851316.jpg

濃厚なベイクド・チーズケーキにお茶が負けてない。このミニシュークリームがお安いながら(一個42円税込み)強烈な美味しさ、カスタードクリームにはバニラとともに薄っすらブランデーが混ぜてあるらしい、恐るべしふらんすやま。

毎回、良質極上の台湾茶をご提供くださる台湾茶ドットネットさんには、ホントに頭が下がります。
[PR]
by amarali1969 | 2006-04-22 22:46 | 茶葉

上野の桜とイタリア男♪

上野はこの日、最後のお花見チャンスだったかもしれません、
帰り際には、はらはら舞落ちる花びらがちょっと儚げだったりして。
e0057035_103773.jpg

じっくり不忍池の桜を堪能しました。
池の周辺では骨董市などやっていて、

「これはお宝じゃない?」とか「絶対これはバッタモン」

などと、これぞ冷やかしというものも堪能しました(;^^
e0057035_10371967.jpg


さてさて今日は何故に上野かというと、相方と上野にある東京文化会館で開かれた「東京のオペラの森2006」のコンサートを聴きに行ったためでした♪


昨年も独りで聴きに行ったこのシリーズ、今年はヴェルディがテーマで、オペラは「オテッロ」、コンサートは「レクイエム」が演奏されます。

今日はリッカルド・ムーティ指揮で「レクイエム」の日。
僕はこの指揮者が大好きなのです、何ていってもスタイリッシュでカッコイイ音楽を常に提供してくれます。頑固一徹の原典主義で、音楽性にブレが無い!

十数年前にミラノ・スカラ座でその勇姿に触れ大ファンになりました。今日見ても(まぁ遠目ですが)その勇姿は衰えていませんでしたよ。
e0057035_10393679.jpg

座席は二階席の中央ちょっと右より。この席も絶妙だった!
開演時間になっても、なかなかオケが入場せず20分ほどオシの状態でドギマギさせられましたが、なんとか開演。
e0057035_1037504.jpg

この曲は出だしがppのチェロで始まるんですが、その開始前からホールは怖いくらい、呼吸をするのも、つばを飲むことも憚れるほど静寂に包まれました。この瞬間、ホールの観客全体が最後まで音楽を作っていけると確信しました。

演奏は、それはもう素晴らしいものでした。緩急巧みで、エモーショナルな部分はこれでもかというぐらい情熱的に煽るムーティの指揮にオケがぐいぐい着いていきます。

歌手は四人ともドラマティックというよりはリリカルで軽めな歌手を揃えた小粒な感じ。バルバラ・フリットリも大変美人でセクシーかつ美声なんだけど、もっと爆発できるドラマティコがこの曲には合います。でも健闘してました。

150人近くの合唱団、これは非常に巧かった。その迫力もさることながら子音がきっちり揃って気持ちが良い。パートごとの感情表現もなされていました。もうちょっとppを抑えても良かったかもしれないけど、ムーティのパッションに見事に応えていたと思います。

なんと言っても相方に自分の好きな曲を最良の形で聴かせることが出来たことが凄く嬉しい!大満足です♪

「東京のオペラの森 2006」
《オーケストラ公演》ヴェルディ:レクイエム

東京文化会館 大ホール
指揮: リッカルド・ムーティ
ソプラノ: バルバラ・フリットリ
メゾ・ソプラノ: エカテリーナ・グバノワ
テノール: ジュゼッペ・サッバティーニ
バス: イルデブランド・ダルカンジェロ
演奏: 東京のオペラの森管弦楽団
合唱: 東京のオペラの森合唱団
[PR]
by amarali1969 | 2006-04-06 23:29 | 音楽

桜満開&桜のどら焼(香炉庵)♪

絶好のお花見日和。

根岸の森林公園に行ってきた。
今日は相方完全プレゼンツなので、僕は手ぶら>ごめんちゃいね!

昨年来た時は風も強く、平日だったのでそれほどの人出ではなかったけど、今日はとにかく天気もよく桜もほぼ満開、加えて翌日は雨の予報なので、凄い花見客!
e0057035_16541329.jpg

でも、ここ根岸森林公園は敷地面積約14万2,000㎡!
どれだけ入ってもきゅうきゅうにはなりえない広さなのですよ。ゆったりしたお花見を満喫できました。

相方の用意してくれたお寿司や焼ソバを頬張りながら桜を愛でる。
日本人ならではの季節の楽しみを堪能。
e0057035_17292437.jpg

森林公園に来る前に寄った横浜元町の「香炉庵」で、みたらし団子、草餅、そして桜のどら焼を買ってきました。
この桜のどら焼にはやられました!
桜の花びらを練りこんだふわふわのカステラ生地、桜の葉を練りこんだ白餡、それぞれがなんとも春らしい香りで美味いこと!
e0057035_17322430.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2006-04-01 22:25 | ドルチェ