<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

海風號クリスマスセール逃したようで逃さなかった話♪

今年もぐだぐだ言いつつ、なんだかんだ頑張った(?)自分へのご褒美♪

雨の中、麻布十番にある中国茶器のお店「海風號」さんに。
お店のblogによると先週末23,24日がクリスマスセールでした。
普段手が出せそうもない茶器が半額になったり、目玉商品が限定で販売されたりと中国茶好きにとっては垂涎のセール!

今年は予定があったので行けなかったのですが、諦めきれず今日思い切って覗いてみることにしたわけです。

閉店30分前、豪雨もあって店内は店主の設楽さん一人。
ここ、結構常連さんが居座ってると非常に居心地が悪いお店になってしまうので、今日は本当にラッキーでした。

blogを見て良いなぁと思っていた「如意壷」は流石に売れちゃってました。代わりに店主がいろいろお薦めの茶壷を出してくれました。そんな中で琴線に触れちゃった茶壷を迷わずお持ち帰り。

その他にもいろいろ買ってえっちらおっちら雨の中帰ってまいりました。


≪今日の戦利品≫
☆大千茶楼の錫の茶盤
e0057035_8292866.jpg

これ、もっとべこべこした安っぽいアルミのような茶盤を想像してました。が、実際手にとって見ると重量感のあるしっかりした作り。そうだよね、錫製だもんね。手に取った瞬間、即決でした。

☆煙養壷
e0057035_8294051.jpg

焼きあがった紫砂の茶壷を煙で燻して磨き上げたものを煙養壷というらしい。設楽さんに何点か煙養壷を見せてもらって、一番琴線に触れたものがこれ。大きさも色みも手触りもまさにツボ♪

☆民国の茶杯
e0057035_8295339.jpg

e0057035_830523.jpg

古いものなのに状態がよくド派手な柄の発色も良いので気に入りました。中ぶりなものを2脚と大振りのもの1脚。ごくごく飲める普段使いの茶杯ということで重宝しそう♪


いったん茶壷をお茶で煮出してから、早速使ってみる。
お茶はクリスマスに友人からプレゼントされた阿里山の「高山烏龍茶(2006年春茶)」です♪
e0057035_8304454.jpg

e0057035_831763.jpg

この茶盤、高さがあるので茶壷からこぼれた湯が落ちる時、水琴窟みたいにいい音がする!

じっくり温めた茶壷に湯を注ぐと、まるで呼吸をするように気孔から湯が持ち上がります。湯切れもよく、しっかりした作りに満足。茶杯はなんとも安定感があり、飲みやすい口当たりでこれも吉。

友人にいただいた高山烏龍茶は春茶らしい青々としたまろみと喉越しのすっきり感が味わえる美味いお茶でしたよ♪

3煎目あたりからはまろみが強く出てきて、お茶の滋味がよく抽出された深い味わいに変化して来ました。
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-26 23:25 | 茶器

X'mas in 横浜中華街♪

毎年クリスマスのお店選びは僕の役目なんだけど、少々ネタ切れ気味。
今年は新しいフレンチの店をスノッブに予約しようとしたら、すでに満席で悉く惨敗。
3年前にやはりクリスマスで利用した「聘珍樓(へいちんろう)」へ再訪することとなりました、やっぱりスノッブ、はいはいビバ・スノッブ。

新しいお店を開拓できなかったということが少々残念だったりしますが、「聘珍樓」さんは決して悪い店とかそう言うんではなく、むしろここの接客サービスやお料理は好きなんです。
e0057035_10305255.jpg


相方の仕事の関係で9時過ぎからのディナー♪
本日はクリスマスディナーメニューを肉抜きでアレンジしてもらいました。

☆広東式活真鯛のお刺身
あっさりさっぱりした前菜、でも新鮮な真鯛の旨味がよく引き出されてます。
e0057035_10312660.jpg

☆上海蟹肉とミソ入り気仙沼産フカヒレの姿煮
蟹味噌が凄い濃厚で甘味が強い。さらに蟹味噌の喉越しに煮きった紹興酒の香りがふわっと抜けてきます、絶品。
e0057035_10315491.jpg

☆帆立貝柱の黒胡椒炒め、パプリカの籠盛り
本来は「牛ヒレの~」らしいです。これ味付けがバッチグーです、パプリカの甘さと胡椒のパンチがなかなか効いててバランスが良い。ただし、帆立は少々火が入りすぎか。半生で良いぐらいなのだけど。
e0057035_10321951.jpg

☆伊勢海老のバター上湯強火炒め
上湯のソースには海老の味噌や甲羅の出汁も入ってる、凄く濃厚なソース。海老はとても芳ばしくこれもなかなか美味しい一皿でした。
e0057035_10324234.jpg

☆自家製XO醤入り海鮮福建式あんかけ炒飯
海老・烏賊・帆立・アスパラ・キノコなどなど宝石箱のような(彦麻呂か!)あんかけが美味い♪
e0057035_103377.jpg

☆特製クリスマスデザート
マンゴーのシャーベット(凄く濃厚)とジンジャー風味のフローズンヨーグルト。この生姜ヨーグルトアイス、さっぱりしていてとても美味。持ち帰りたいぐらいでした。
e0057035_10333053.jpg

-追加デザート-
☆マンゴープリン(相方)
e0057035_10335355.jpg

☆ライチ入り愛玉子(僕)
e0057035_1034886.jpg

今年も3年前同様、プロのサービスと美味しい料理を堪能させていただきました。席も半円のソファっぽいブースで寛げ、照明も暗めでよい雰囲気だったし♪

≪聘珍樓(へいちんろう)≫
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町149番地
中華街大通り


帰りは中華街からみなとみらいの夜景を見ながらお散歩。
e0057035_10344174.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2006-12-23 23:29 | 食事

今年最後のフクナガ♪

今年も残り少なくなってきましたね!
やり残したことがもう多くて困ってしまう。
あれやこれや明日出来ることは明日にまわしていたら、来年まで持ち越しなんてことにね、なっちゃうもんです。

そうは言っても今年逃すと来年できなくなることもあるので、例えばフクナガの季節のパフェ。

今の季節のパフェである「柿」は年内いっぱいとのこと。食べ損ねると来年の今頃までお預けになるわけですよ。

ということで、今年出来ることは今年やらなきゃキャンペーン第一弾(第二弾は多分ないですが)、フルーツ・パーラー・フクナガで柿パフェをいただいてきました。


今日は会社の同僚二人を引き連れて。

☆柿のパフェ
e0057035_221658100.jpg

☆洋梨のパフェ
e0057035_22172594.jpg


☆三連のパフェ
e0057035_22173883.jpg


この柿パフェは地味に美味しい!
皮付きの柿は皮ごと食べてくださいとのこと。初めて柿の皮なんて食べました(^^;
柿のシャーベット、これ冷たさに舌が慣れてくると干し柿のような濃い甘味がアイスクリームと実にあうんですよ。

フクナガには今年最後の最後まで驚かされました♪
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-22 22:18 | ドルチェ

パスカル カフェ♪

久しぶりに横浜高島屋に足を踏み入れる。
いつもはどちらかというと横浜そごう派なのだ。
なんかショップのブースがゆったりしてる気がするのよ、そごう。

特に食品売り場のごちゃごちゃ感が強い高島屋、ケーキはあまり高島屋で買わない所以だったりするんだけど、今日は食品売り場でなく3階にある婦人服売り場。

シニア女性向けの落ち着いたっつうか地味目な衣料品が並ぶフロアを過ぎたところに、「ショコラ・バー パスカル カフェ」があるのです。そう、お目当てはここのショコラ。

このブログにも数度登場しているパスカル カフェ。

時間が遅かったのかケーキの種類がほとんど無く、エクレアとクレームショコラのみだったので、ショコラ数種とクレームショコラを購入。

一応モーツァルト・イヤーなのでモーツァルト フランボワーズなども買う。
ショコラは以下の8種類。
e0057035_11321111.jpg


シトロン---レモンガナッシュ
ロシェ・レ---ローストアーモンド&ヘーゼルナッツプラリネ
ピエモン・レ---ピエモン産ヘーゼルナッツプラリネ
ロンダン---さくらんぼリキュール入りアーモンドペースト
ヴァニーユ---バニラガナッシュ
モーツァルト フランボワーズ---フランボワーズのガナッシュ
ルロワ・ブラン---ブルゴーニュの白ワイン「1997年ルロワ」のを使用したガナッシュ
ルロワ・ノワール---ブルゴーニュの白ワイン「1997年ルロワ」のを使用したガナッシュ

今回はなんだか酸味の強いものばかり選んじゃった。特にシトロンとモーツァルトはじっとり汗ばむほど酸っぱかった(><)!

いつの間にか高島屋オリジナルのショコラがなくなっていて、その代わりに選んだルロワの白と黒。これは大人のショコラだ。豊穣なワインの凝縮された香りがなんともブルゴーニュです。

クレム ショコラは濃厚な生チョコを癖の無いクリームで滑らかに仕上げたもの。
e0057035_11322419.jpg

一口目、かなりの濃厚さにひとつ食べることができるか心配になるが、食べ進めていくと後味の良さもあって、魔法のように完食。恐るべしパスカル。

≪パスカル カフェ≫
横浜髙島屋店
〒220-8601
神奈川県横浜市西区南幸1-6-31
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-20 22:30 | ドルチェ

馬さんのお店 龍仙♪

今日はランチに中華街のヴィスコンティというイタリアンに行くつもりだったのに、このお店ランチはやってないのね。ご利用は計画的に。。。

ということで前から行こうねと言っていた「馬さんの店 龍仙」に行ってきました。
e0057035_1944486.jpg


あまりに有名なお店、朝の7時から深夜3時まで営業しているので中華街の料理人も朝食やら仕事が終わってからの夜食に利用するようなお店です。

ランチタイムも随分すぎていたので空いてるかなと思ったら、結構混んでて相席だけどすぐに座れてラッキーでした。僕ら以降のお客さんは少し待たされてたから。

ここのお粥はゲキウマなのです。
☆僕はフカヒレ粥・相方は龍仙粥(海鮮)
e0057035_194591.jpg

e0057035_1951567.jpg

優しい塩味にフカヒレの煮ダレの甘味がちょうど良い塩梅!
お粥自体の炊き方が巧いんだな、凄く丁寧に作ってあるの。
相方の海鮮粥はこれまた優しい味なんだけど胡椒のパンチが利いた絶品粥だったそうです。

☆エビチリ
e0057035_1952437.jpg

ぷりぷりの海老がちょうど好みの辛さのチリソースをまとって、王道と言った感じのエビチリ♪

☆カシューナッツと鶏肉炒め
e0057035_1953666.jpg

中華のお店に入ると小さい頃、無意識に叫んでしまうメニュー(^^;
ついつい今日も口をついて出てしまいましたが、よくよく考えると相方は食べれないじゃん、ゴメンね~

☆空芯菜の炒め物
e0057035_1954697.jpg

シンプルな食材だけにお店の特徴が良く出てしまう怖いメニューでもある空芯菜。大蒜が強すぎたり、炒めすぎて水が出てしまいシナシナになりすぎたり、塩味がきつすぎたり。ここの空芯菜は味付けも炒め具合もベストコンディション♪

食事ももう終わる頃、五人家族のお客さんが入ってきて、ちょうど僕たちが詰めたら座れる感じだったので、店員さんにそう言うと至極恐縮されて、杏仁豆腐をサービスで頂いちゃいました♪

なんとも美味しい料理とお店のアットホームな雰囲気でホンワカした気分でお店を出てこれるお薦めのお店です!


≪馬さんの店 龍仙≫
横浜市中区山下町218-5長安道沿い
TEL 045-651-0758
営業時間: 7:00~翌3:00
定休日:無休
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-16 19:02

X'mas気分のCキューブ♪

街にクリスマスのイルミネーションが本格的に飾り付けられ華やかになってきましたが、思い起こすと11月の初旬あたりからすでにクリスマスの雰囲気を醸し出すお店が多かったように思います。

その時は、なんと気の早いこと! と呆れていたのですが、そろそろクリスマスに使うお店を予約しようと電話してみると人気のお店はどこも満席。加速するクリスマス・ムードに乗り遅れてしまったようで、さてさてどうしたものかと。。。

今日はCキューブのケーキを買ってみる。
こちらもクリスマス気配漂うラインナップで12/25までの限定ドルチェを4種。


☆アルベロ ディ ナターレ
e0057035_20371042.jpg


毎年、この構成のドルチェをCキューブは出してきますが、昨年はプチシューにチョコレートがけみたいな感じだったような。今年はよりカラフルなクリスマスツリー風のデコレート。酸味の利いたクリームが意外♪


☆ポルタジョイエ
e0057035_20374051.jpg


ショコラムースとスポンジでベリーのクリームをサンド。この組み合わせって大体がベリーの酸味が勝つんだけど、このケーキはビターチョコレートの苦味が勝っていてとても好みのケーキに仕上がってます。見た目も宝石を散りばめたようで素敵だ。


☆アグリフォリオ
e0057035_20375965.jpg


Cキューブのクリームはコクがあって美味。こういうケーキはこのお店の真骨頂です。柊の形のパイはなんともクリスマス気分を盛り上げてサクサク♪


☆バッケ エ リーゾ
e0057035_20381968.jpg


ミルク・リゾットとマスカルポーネの組み合わせ。お米のデザートって結構苦手(和菓子でなくて洋菓子の場合ね)なんだけど、これは美味しです。ちょっとアルデンテ気味のお米の食感が面白いし、土台のタルト生地も相変わらずしっかりした歯ごたえで美味い。
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-14 20:38 | ドルチェ

僕にとっての季節もの♪

ここのところ急に冷え込んできて朝から寒かいですね~

皆様、くれぐれも風邪など召しませぬようお気をつけください!

さて、こう寒くなってくると食べたくなる物がいくつかあります。
旬のものは当然ですが、今日はそんななかでもスィーツとお茶に関して♪

まずはお茶、当然中国茶です。
寒い時期には暖かい部屋で、たっぷりお湯を用意して一日中だらだらお茶を飲んでいたい、そんな気分の時には「木柵正叢鉄観音(もくさくせいそうてつかんのん)」です。
e0057035_1073042.jpg


もともと鉄観音が苦手だったのですが、台湾茶ドットネットさんのところの木柵鉄観音を飲んで以来ヤミツキで、このお茶が切れると禁断症状が出るくらい(笑

すっきりとした味わいの中にも重焙煎の香ばしさが心地よく広がり、喉を過ぎる余韻(喉韻というそうです)がミントのように清々しいお茶なんです。

そんな木柵にぴったりあうのが、これまた冬にはあつあつで頂きたいふらんすやまの「リンゴパイ」。
e0057035_1083537.jpg


蜜のたっぷりはいった林檎をまるごとパイに閉じ込めて焼き上げたアップルパイ。
そのままでも十分美味しい逸品ですが、電子レンジで1分、トースターで1分温めると中の林檎はあつあつジューシー、パイ皮はぱりぱりサクサクで昇天級に美味しくなります。
e0057035_1084853.jpg



おまけで、最近はまっているふらんすやまの焼き菓子たち。
e0057035_1085990.jpg



⇒台湾茶ドットネット

⇒ふらんすやま
 横浜市西区中央2-12-7
 045-321-3195
[PR]
by amarali1969 | 2006-12-06 10:12 | 茶葉