<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

土の温もり♪

先日、「海風號」さんで注文した茶壷が届いた。

今回の茶壷は、今までネットで注文した茶壷の中では大当たりというか、大成功というか(^∀^

前にも書いたけど、信頼できるネットショップでも、どんなものが実際に届くかは実物を見ていない以上不安なものですよね。

今回は一つはOZONE夏の大茶会で手にとって確認したものだけど、もう一つはネットの写真のみで一目惚れしちゃった茶壷だったので、一抹の不安はあったのですよ。

ところがそんな杞憂も吹き飛びました!


☆民国黄石朱砂
e0057035_11364954.jpg

黄石朱砂というのは、清の時代(~1912年)から文化大革命(1960年代後半から1970年代前半)まで陶器に使われていた土で、焼くと部分的に縮むことがあるので、微妙な凹凸が表面にできるそうです。実際この茶壷にも凹凸があります。ちなみに名前の民国期は1919~36年ごろ。

これが写真ではわからなかったんだけど、温かみを感じる手触りで、堅い皮に覆われた瓜系の野菜のような質感を感じます。なんだか自然の創造物のような感じ。

e0057035_1137320.jpg

底面には「月花鳥啼 水自流 孟臣製」の文字。
孟臣というと明の頃の恵孟臣という名家の名前が有名で、この民国の茶壷には関連ないとは思います。まぁこういう印銘はとんでもなく高価なアンティークを買ってるわけではなく実用品を買っているので、敢えて気にしないことです(^^;

この自然の風合いが硬質な陶器なのに土のぬくもりを感じさせてくれます。これ使い込んだらいい感じに育ちそうで楽しみです!


☆民国泥繪壷
e0057035_11371863.jpg

もうひとつ民国の茶壷を。
これは夏の大茶会で見せてもらったもの。
泥絵の感じが凄く気に入っちゃった。派手すぎず見ているだけで心落ち着く感じ♪
e0057035_11373475.jpg



今、ことこと茶壷をお茶で煮ています。
どのお茶をこの茶壷たちで飲もうか、楽しみ楽しみ♪
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-28 18:34 | 茶器

一六縁日♪

5月から9月にかけて、1と6のつく日には横浜の伊勢佐木町では縁日がたちます。

子宝と子育てにご利益がある一六地蔵尊にちなんで行われるこの縁日には今年で2回目の訪問。
e0057035_9325138.jpg

前回は台風直撃で人も出店も疎らでしたが、今回は土曜日ということもあって賑わってましたよ。地元密着の小さなお祭りといった感じで結構好きな縁日です。

おなじみのインドカレー屋「MR.INDIA」も店先でサモサやタンドリーチキンを売ってました。
e0057035_9412322.jpg


こういうところで食べる焼きそばとかお好み焼きはなんでこんなに美味しいんだろうね♪
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-22 09:42 | その他・雑記

音楽のまち 川崎♪

会社の同僚に毎回手配していただいてる「日立フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートに行ってきました。

今回の会場は川崎駅近くにある ミューザ川崎♪

普段通勤でJR東海道線を利用しているので川崎駅は常に景色として眺める通過駅。
久々に下車して街の空気が変わってるのに驚きました。

ミューザ川崎のシンフォニーホールは所謂「ワインヤード型」といわれるもの。
サントリーホールとかが一緒。

でも、このホールに驚いたのが、2階席、3階席と舞台とが非常に近いこと。
一階の客席が少ないので四方均等に客席が広がっているんです、面白い。
e0057035_1122141.jpg

今回座ったのは3階の若干左よりの席。
通常のホールだと1階後列ぐらいの感覚です。

反響版もしっかり計算されているようで、舞台からの音も程よい反響を伴って非常に柔らかく素敵な響きを聴かせてくれました。


今日の演目は・・・

◇シベリウス/カレリア序曲
◇シューベルト/交響曲「未完成」
◇シベリウス/交響曲第2番

企業オケとしては非常に安定した演奏を聴かせてくれる日立フィル。
難点を挙げればホルンの弱さ。
この日のプログラムもホルンの見せ場でヘロっとなっちゃってました、残念!
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-21 18:05 | 音楽

OZONE 夏の大茶会2007に行ってきた♪

今年のテーマは「お茶とデザイン」ということで一階エントランスから様々なテーブルウェアのブースが出てて、結構見て回るのが楽しいイベントだった。
e0057035_18443380.jpg

しかも午前中、会場してすぐの入場で人も疎ら。
落ち着いていろいろ見て回れたのが嬉しい♪

盆栽クリエーターの小林健二氏の「夏のBONSAI-STYLE」やベアント・フリーヴェリー氏の「北欧のアンティーク磁器コレクション」なんかが面白~い。特に盆栽は思わず買いそうになっちゃったよ、危ない危ない。。。

一通り見回ったら、いつもの通り5階の「海風號」さんへ。
目玉の大振りな茶壷は初日にはけちゃったのか、もう影も形もなかった。
小ぶりなものの中でも土の具合が良さそうなのを何点かショーケースから出してもらって物色。
気に入ったのが赤褐色に黒い胡椒がかかった倣古壷。見た目は柔らかな質感なのに非常に硬質で肌理が詰まった良品。しかも30%off!
e0057035_18444986.jpg


e0057035_1845287.jpg


これと、大茶会限定のお茶セット。
文山包種茶と茉莉雪芽。
e0057035_18451460.jpg


店主とは入れ違いでお話が出来なかったのが残念!

後は地階で出展してた「今古茶籍」の大坪毛蟹。試飲したらやたら美味かったので購入♪
e0057035_18453198.jpg


今年はなんだか釣果は少ないものの結構楽しめた大茶会だったよ。
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-16 18:45 | 茶器

野田岩のかさね重♪

朝から降ってる雨がお昼には強い降りになってきた。
雨にも負けず~横浜野田岩にたどりつく。

ええ、また鰻です、好きなもんで(^^;

でもね、野田岩は特別。
今日は一階でいただく。予約は一応入れておいたけど、雨の所為かお客は僕たちだけ。
e0057035_1012471.jpg

ここの鰻は蒸し・焼き・たれがちょうどよい。
好みだと思うけど、僕は身がふわふわふっくら、皮がパリッと香ばしい鰻が旨いと感じるポイント。たれは甘すぎずすっきりしたものがいいね。

ふわふわ感をより感じたいなら、志ら焼(白焼き)をぜひ食べたい。

でも、やっぱりタレの利いた鰻重も食べたい。ということで、今日はお得な「かさね重」を二人で注文。今日は山口県の内海側で採れた天然ものが入ってるとのこと、ではでは天然でと。

☆野田岩 かさね重(天然)
e0057035_10122438.jpg

ばちマグロの刺身、肝吸い、お新香、茄子の煮物がついてます。
鰻屋のお新香って美味いんです、粋なところは。江戸の昔から鰻が仕上がるのを待ちながらお新香をつまみに一杯やる、これが粋らしい。野田岩のお新香は店主自ら糠床を毎日かき回してるらしいですよ。いい塩梅のつかり具合の美味しいお新香でした。

一段目 志ら焼
e0057035_10124164.jpg

山葵で軽く醤油を付けながらいただく。
身は箸でつまんだだけでホロホロと崩れそうなくらい柔らかいが皮目はしっかりとした食感。
鰻の旨さを堪能できる。あぁ、でも昨年に続き相方はお腹の幅広の部分、僕は尾っぽの細い部分で明暗が分かれました(^^;

二段目 鰻重
e0057035_10125795.jpg

さぁ真打登場、ご飯が見えない(^∀^
志ら焼より少ししっかりした歯ごたえ、焼きや蒸しの加減を微妙に変えているんだろうな。
生臭さとは無縁の上質の川魚を思わせる力強い旨みがタレに負けてない!
素敵だ、素敵過ぎる。。。

天然ものの鰻は産地と時季によってばらつきがある、天然だからといって旨いと過信するのは間違いとよく言われますが、今日の鰻は好み、どんぴしゃでした。

デザートは昨年と同じく南高梅の甘露煮。
e0057035_101321100.jpg

すっきりした酸味で口がさっぱりします。この頃には店内も混んでたのでお店のお姐さんの薀蓄は聞けなかったのが残念。


[PR]
by amarali1969 | 2007-07-14 22:04 | 野田岩~食事

東方美人2007♪

今年もそんな季節になりましたか。

旧暦の二十四節気節の芒種の頃、浮塵子が恵みとなってできるお茶「東方美人」。

いろいろなショッピングサイトやblogで今年は東方美人が不作の年らしいと書かれていて少々不安でしたが、台湾茶ドットネットの東方美人は相変わらず良いロットを押さえることができたようです、本当にご苦労様です♪

消費するほうは簡単に今年もいいお茶アリガトウ♪ なんて言ってるだけだけど、こういう不作の年のお茶屋さんの苦労は想像もつきません。

今年の台湾茶ドットネットの「東方美人」
e0057035_1083427.jpg

お茶の色、封を切ったときの香りからしてもう今年も間違いないことが歴然!

実は土曜日に届いてずーっと冷茶で楽しんでました。今日は今期初めてホットでいただきます。
e0057035_1084746.jpg

水色も立ち上る香り芳しい♪
このお茶はホットでももちろん冷めても冷茶でも美味しいオールマイティなお茶。

e0057035_109423.jpgたまには宣伝しときます、上半期メガトン級にお薦めのお茶♪

台湾茶ドットネット
⇒2007年「東方美人」
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-11 10:10 | 茶葉

うなぎの小骨。

別にこの時季が旬でもなんでもない鰻。
平賀源内の策略にはまって以来、日本人は暑くなってくると遺伝子レベルで鰻を欲するよね、そうでもない?
 
「旨い鰻が食いてぇ~」

脳内で何回叫んだことか。。。
仕事中はしょうがないので、ひたすらネットで「旨い 鰻」で検索。

美味そうな鰻の写真に癒される(*´Д`)

結構目に付いたのが、うなぎの小骨がのどに刺さるって話。
何回か行ったことのある老舗のお店のこともネタになってて、そこの鰻は小骨が処理されていないで凄く食べづらいなんて書かれてた。

?うなぎの小骨って今まで気になったことも無い。
まぁ、ひとそれぞれだけどね、そんなことでお店を貶めるのはどうかと(^^;

早々に仕事を切り上げて、横浜そごうに入ってる「竹葉亭」に。
金曜の夜なので混んでるかなと思ったけど、10分ほどで席に座れた。

このお店は以前、相方とお重をいただいたんですが、すっきりした辛目のタレが秀逸な鰻を出してくれる。お店の創業は江戸末期、鰻を提供するようになったのは明治9年だそうです。今は七代目らしい。

☆中入れ丼&肝吸い
e0057035_4242437.jpg

ふわふわの蒸しあがり、適度な弾力、皮の香ばしさ♪
トップに鰻2枚、ご飯をはさんで中に1枚、ご飯と鰻の配分を考えずにひたすらかきこめるのが嬉しい!

デパートにあって落ち着いて食事ができるのもいいね、接客も過不足なく。
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-07 04:29 | 食事

杏仁豆腐と「たねや」のコラボ♪

聘珍樓(へいちんろう)の杏仁豆腐の素を買ってきた。

たまには手作りスィーツ、っていってもお湯で溶いて牛乳を混ぜるだけ(^^;
でも結構ね、美味しい杏仁豆腐ができます。

今日は相方に作って食べさせてみた。

トッピングは「たねや」の“五六あわせ”という心太のような和菓子。
どっちがメインかわからない?

でも、この相性は結構面白い発見♪

僕のは抹茶タイプ。
e0057035_0284086.jpg


相方は黒蜜タイプ。
e0057035_029416.jpg


「たねや」で出してる杏仁豆腐は黒蜜をかけるものなので、この組み合わせは全く違和感なし。
抹茶もなかなか杏仁豆腐に合うね。

器は先日食べたペニンシュラ香港のスィーツブティックのもの。
お茶は台湾茶ドットネットの文山包種茶。
相変わらず美味いのよ、このお茶♪
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-05 00:31 | ドルチェ

この季節の小さな幸福♪

じめっとして気持ちの悪い日が続く。
もー湿度100%なんじゃないかっていうほど不快な一日でした。

こういう日は家に帰ってまず冷房を18度設定にし、ガンガンに冷える間シャワーで汗を流します。

シャワーから出て裸でガンガンに冷えた部屋でキンキンに冷えた茉莉花茶アイスティーをがぶ飲み。

体がやっと冷えてきたら冷房はそのままで長袖とか着ながら、あつあつのお茶をスィーツと一緒にいただく。

「っあっちぃ。。。」なんて独り呟きながら茶を啜る瞬間がちょっとした幸せだ。

☆期間限定 くずきり梅酒ゼリー~アンテノール
e0057035_20595328.jpg

アンテノールがくずきりを出すなんて素敵だ。しかも思いっきり和テイストの梅酒ゼリー。ちゃんと甘酸っぱい梅の実が丸ごと入ってます。


☆期間限定 桃プリン~アンテノール
e0057035_2101594.jpg

桃のムースと生クリーム、これ一口頬張ると何故か凄く懐かしい感覚。はてと考えると、小さい頃、うちでよく作っていたフルーチェ・ピーチの味と全く同じ。

フルーチェをグラスに入れてその上から生クリームを絞って冷蔵庫で冷やす、これがうちのフルーチェでした。それと同じ風味、ある意味感動(^^;

お茶は台湾茶ドットネットの「楊さんの茉香烏龍」。
e0057035_2103181.jpg

有機栽培で丁寧に作られたお茶で、お茶の滋味が濃いんだ。
梅酒の梅の実とよく合いました。
そうか、中国のお茶請けに話梅というのがあるものね、梅の酸味とお茶は相性がいいんだな。
[PR]
by amarali1969 | 2007-07-01 21:01 | ドルチェ