<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イノウエ グリリア -ちょっと幸せになれるお店- ♪

e0057035_21101396.jpg

以前から気になるお店がありました。

5月ぐらいにオープンした、横浜駅から歩いて帰る途中にある「GRIGLIA」という看板のお店。
うーんグリグリア?
相方とは「グリグリ、今度行ってみようよ」なんて言ってました。

今日は相方と一緒に行く前に下見しておこうと、お店に入って見ました。

お店の名前は「イノウエ グリリア」。
そーだよね、イタリア語は“gli”の“g”は読まないんだよね、忘れてたわ(^^;

とても素敵な雰囲気の店内。
e0057035_219729.jpg


気さくな感じの奥様と寡黙なシェフ(多分ご主人)の2人で切り盛りしているリストランテ。
メニューはコースはなくアラカルトのみ。
前菜(サラダ)、パスタ、メインをそれぞれ選べます。
今夜は前菜とパスタのみ注文。

☆墨イカとほうれん草のズィミーノ
e0057035_2192379.jpg

このイカが柔らかいのなんの!
鮮度がいいのと仕事がいいのとで、とても甘くて美味しい!
待っている間に、オリーブオイルと大蒜に合わせたホウレン草を細かく刻む音がキッチンから聞こえてきます。

凄く仕事が丁寧なんだなぁ。
もちろん作り置きなんてしてないわけで♪

☆かわはぎのパスタ
e0057035_2193929.jpg

このカワハギも身がふっくらして絶品でした。
一緒に肝も入ってるんだけど、ぷりぷりしていて鮮度の良さを感じました。

ちらっと聞こえたんだけど、前菜を2/3食べ終えたくらいに、奥様が「パスタお願いします」って厨房に指示を出してました。
これが絶妙のタイミングで、待たされ過ぎず、かといって食べたらすぐ出てくるというせっかちさも無く、ちょうどいいサービングで好感が持てました。

パスタのお皿を下げるとき奥様から悪魔の囁き。

「デザートもありますよ」

はう! いただきますとも♪


☆焼きリンゴ
e0057035_2195472.jpg

この焼きリンゴも丁寧な仕事で、またこの焼きリンゴ食べたさに訪れてしまいそうなぐらい美味しいデザートでした。

芯にささったシナモンスティックの効果、後から仄かに香るシナモン、これぐらいがいいんです。

しっかり作ってあるんだけど、どこか懐かしい、人のぬくもりを感じるデザートです♪

エスプレッソも美味しかったなぁ。


メインには地魚が3~5種類くらい、肉料理も同数くらいそろってます。
デザートもその日によって変わるらしいです、楽しみ増えちゃうじゃない(^^;


オーナーご夫婦のほんわかした人柄とお店の雰囲気、そしてなにより美味しい料理に、とても良い気分で家路につけます。

こんなお店が戸部にあったとは!

【Inoue griglia -イノウエ グリリア-】
横浜市西区平沼1-13-26
電話:045-316-1630
営業時間:18:00 - L.O.23:00
月曜定休
[PR]
by amarali1969 | 2007-10-23 21:10 | イノウエ グリリア~食事

リンゴのコンポート♪

八百屋でりんごを購入♪
e0057035_10968.jpg

TVに影響されやすいわたくし。
土曜日の【食彩の王国】でなまら林檎が美味しそうに特集されてたので。

小さい頃、風邪ひくと母親が林檎を甘く煮てくれました。
仮病使うぐらい好きだったなぁ。
昔から摩り下ろした林檎が嫌いで、形が崩れていない、この林檎のコンポートが好きなんです。

自分で作るとなると、母親のは砂糖で煮ただけのもので、それだけでも美味しかったんだけど、大人の男としてはカルヴァドスとかも入れてみます。

煮上がったら粗熱とってミントを漬け込んで冷蔵庫でじっくり冷やし寝かせる。
e0057035_1092188.jpg

日曜日に作ったので今日が食べごろ♪
数滴バルサミコ酢を垂らすとアクセントになるよ。
残ったジュースもリンゴ酢っぽくなって美味♪
e0057035_109438.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2007-10-17 10:09 | ドルチェ

静謐を聴く。

サントリーホールでマーラーの交響曲第9番を聴いてきた。
e0057035_1293654.jpg

9月の改修後、初めてサントリーホールに行きましたよ。
内装はそれほど変わっておらず、若干スロープが緩やかになってバリアフリーチックになっていたかな。

今回の改修は伝統の継承がテーマなので派手な変化はないんでしょう。


今日の演奏はダニエル・バレンボイム指揮するベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)です。

今回、オペラの引越公演として「トリスタンとイゾルデ」、「ドン・ジョバンニ」そして「モーゼとアロン」を引っさげてやってきたバレンボイム。
オペラの合間に特別演奏会としてオーケストラ作品を公演する、しかもマーラー!

ベルリン・シュターツカペレ、以前はマーラーの演奏なんかするの?って思うほどマーラーとは無関係なオケだったけど、最近はブーレーズやバレンボイムがベルリン・フェストターゲ(復活祭音楽祭)でマーラーを取り上げているようで、先日購入した交響曲第8番のCDなんかは匂い立つ弦の輝きが感じられるような艶やかなマーラーを聴かせてくれるオケなのだなと、今回の演奏会は期待大なのでした。

今回の席はS席といっても前から7列目の右よりというかかなり右。
ちょっとバランスの悪い席でした。

マーラーの指定したように第一・第二ヴァイオリンを両翼に配した今回のオケの布陣では、ちょっと面白み半減でした、残念!

とはいっても間近にマエストロの指揮を堪能でき、オケの圧倒的なfffを体感できたのは嬉しい♪


演奏について。
第一楽章からバレンボイムの指揮は煽り立てる。かなり早めのテンポでよく言えば流麗かつ滑らかにマーラーの音楽が流れていきます。
でも、そんなに溜めもなく先に進んでいく演奏はこのマーラーの作品に限っては、特にこの9番に関して言えば、僕の好みではない。
一昨年みなとみらいでベルティーニの渾身のラストコンサートを聴いているだけにちょっと食い足りなさを感じてしまう。

結局緩急なく最後まで行ってしまう。

第二楽章はそんな煽り演奏が功を奏して面白く聴けました。
バスクラかファゴットが妙にフライングするんだよな、それも面白い味付けなんだけど、もうちょっとやり過ぎるとあざとくなるから気をつけようね。

第三楽章は最初からかなり速いテンポなので最後のプレストに入ってもあまり切迫感が無い。バレンボイムの指揮はどんどん激しくなっていくんだけど聴こえてくる音楽は冗長かな。緩急は大切です。

今回の演奏会はこの第四楽章を聴かせるためにあったようだ。
この演奏は壮絶で静謐。
なんと澄み切った弦の音色だろう。
管楽器の切ない咆哮も思わずどきりとしましたよ。
最後の数分間、弦が囁くたびに観客は緊張感を持って耳を澄まさなくてはならず、静けさが耳を圧迫してくる感じ。
この曲を楽しむってことは静寂の拷問に快感を覚えるマゾヒズムでもあるんです。

死に絶えるように音楽が終わり、指揮者が手を下ろしても観客は緊張感を強いられたまま。
でも、この静寂が長ければ長いほどいいんだなぁ。でも、今日の観客は堪え性がなかったようで、バレンボイムの手が下りてすぐ拍手が始まってしまった。もうちょっと余韻を楽しみたかったなぁ。

三楽章までの帰りの終電が気になってしょうがないような切迫した演奏も四楽章で帳消しに。総じていい演奏会だったと思う。




どーでもいいけど、楽章の合間になんであんなに咳をするんだろうね。
日本だけじゃないとは思うけど、みんな死ぬんじゃないかってほど咳するでしょ。
曲の最中に咳をしないようにという理由なんだろうけど、咳なんてそんなに出ないよ普通にしてれば。
別に無理してしなくてもいいんだよ。
曲の流れを阻害しているようで凄く気になった。

飴でもなめとけ(--メ
[PR]
by amarali1969 | 2007-10-13 01:29 | 音楽

栗でほっこり秋の宵♪

団子って結構好き。

春の花見団子だったり田舎のおばあちゃんが作ってくれたズンダの団子も大好きだったなぁ。みたらし団子だと北千住にある槍かけ団子が好きで、営業中によく買い食いしたもんです(^^;

ここ数年、僕的団子ランキングNo.1なのが富留屋古賀音庵(ふるやこがねあん)の団子たち。
e0057035_8454252.jpg

今の季節、旬の団子と銘打って栗餡のお団子が出てたので早速購入。
優しい甘さの栗餡は滑らかで栗の香りが濃厚。
e0057035_846038.jpg

賞味期限(半日)を超えるとすぐ硬くなってしまう団子は、しっかりその日のうちに食べるとふわふわもちもちの至福の食感です!

後ね、たねやさんの「栗大福」と「きなこ大福」も。
この栗大福の中に入ってる大振りの栗のほくほくして美味しいこと!
e0057035_8461166.jpg

やっと最近気持ちの余裕が出てきたので、しっかり中国茶を淹れて団子と大福を頬ばる。これまた極上の瞬間です。
e0057035_8462361.jpg

今日はほっこりした栗にあわせて台湾茶さんのところの文山包種茶をぬる目のお湯でじっくり抽出。
[PR]
by amarali1969 | 2007-10-10 23:49 | ドルチェ

ワールドフェスタ2007♪

横浜、山下公園で開催されたワールドフェスタ2007に行ってきましたよ。

「食べて、遊んで、世界の旅」がテーマのワールドフェスタ、今年はインド、タイをはじめ世界のカレーっぽい料理が集結しました。

とにかくいい天気だったので人出が凄い!
その観光客みんなこぞってカレーを食ってる面白い光景が見られました。
e0057035_8513611.jpg

カレーといってもトルコもあればスリランカもありもちろんインドもあって、他にもペルーやエジプト、カナダにドイツ、まぁ拘りなく満遍なく世界が集うって感じのお祭りでした。

一番人気はスリランカ民主社会主義共和国の屋台のカレーだった。
e0057035_8524578.jpg


長蛇の列のスリランカは避けて、インドのグリーンカレーとキーマカレーを屋台で購入。
e0057035_854406.jpg

相方のグリーンカレーのほうが本格的でキーマのほうはなんだかキーマ風ハウスのカレーでした(^^;

でつづいてはスペイン屋台でパエリア、ベトナム屋台でフォーを購入。
e0057035_8545583.jpg

e0057035_855640.jpg

このスペイン料理とベトナム料理の普段なら出会わない組み合わせが、これ絶妙でした。酸味の利いたフォーのスープがパエリアのサフラン風味によく合うんだ何故か!

ワールドフェスタではコスプレもよく目に付きました。
e0057035_8553635.jpg


なかなか料理も美味しく、お祭りの明るい雰囲気がいい感じ♪
[PR]
by amarali1969 | 2007-10-06 22:49 | その他・雑記