<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絶品バームクーヘン~ねんりん家♪

うちの姉貴は大のバームクーヘン好き。
って今回はじめて知りました。

今国内で売られているほとんどのバームクーヘンは食べていると強気。
で、そんな姉貴がお薦めのバームクーヘンが大丸1Fのスィーツ売り場にありました。

「ねんりん家」

見ると、このお店、すでに長蛇の列ですよ。
僕は何回も言うようだけど並ぶの嫌い。
そーまでして買う人間の気が知れない、ぐらい。

「僕、並ぶのいやなん・・・」
って聞いてないし、すでに並んでるし>姉

仕方なく列に並んで購入。
今相方と味わったところ・・・



これが、美味い!!
既存のバームクーヘンのイメージを根底から揺さぶるほどの衝撃ですよ。。。

☆ストレートバーム~やわらか芽【生】
e0057035_2050225.jpg

e0057035_20503676.jpg

濃厚な卵の香りと、しっとりしているんだけど凄いライトな柔らかさの絶妙なバランス。
外側の糖衣がカリカリで、ふわふわの中身との食感の違いも心地よい!
バームクーヘンという焼き菓子でありながら、賞味期限が本日中というのも、この妙なる調和は確かに一日しかもたないだろうと納得。


☆マウントバーム~しっかり芽【日持ちタイプ】
e0057035_205124.jpg

e0057035_20511719.jpg

こちらも卵の濃厚さは同じなんだけど、さらにぎゅぎゅっと旨味が凝縮された感じで強烈。
バームクーヘンで強烈っていうのも、ちょっとおかしな話だけど、それぐらいこのバームクーヘンは逸品。

ともに紅茶と抜群の相性、今回はニルギリと一緒に。

いや、姉貴殿、恐れ入りました。
[PR]
by amarali1969 | 2008-08-27 20:55 | ドルチェ

金沢まつり花火大会2008♪

毎年恒例、この花火大会だけは欠かさず観に行きます♪

でも今年の天気予報は、ちょうど午後から夜にかけて雨模様。
心配しつつも、江南飯店を出て金沢八景の海の公園を目指します。

途中ぱらぱら小雨が降ったものの、何とか持ちこたえてくれそうなので、浜辺からちょっと入った芝生にシートを広げて陣取ります。

今回も(相変わらずですが)、僕は何も用意してません(^^;
相方はシートをはじめ寝っころがって観れるように空気枕、簡易クーラーに冷えた烏龍茶、ウェットタオルに虫除けスプレー、ドラえもんの四次元ポケットのようになんでもバックから出てきます♪

今にも降り出しそうな天気のせいか、昨年の2割減という人出ですが、屋台は昨年より全然多い。
いろいろ用意してくれた相方のためにせめてものお返しとして、焼きそば、マメ寒、大福、赤飯など買い込んでくる(どんなチョイスだ^^;

日が落ち、いよいよ花火大会がスタート♪

e0057035_2044264.jpg

e0057035_20442556.jpg

e0057035_20444122.jpg

e0057035_2045180.jpg

e0057035_20452057.jpg

e0057035_20453880.jpg

e0057035_20455877.jpg

e0057035_20461755.jpg

e0057035_20475766.jpg

全体的に物価高騰の波を受けてか、派手さも控えめな印象。
それでも市制60年の金沢区を記念して最後に打ち上げられた60連発のスターマインは圧巻でした♪

来年は横浜開港150周年!
横浜で開催される花火大会はとんでもない盛り上がりを見せるんじゃないでしょうか、期待!
[PR]
by amarali1969 | 2008-08-23 23:58 | その他・雑記

江南晩夏菜譜

今日は随分涼しくなりましたねー♪

冷房つけっぱなしで寝てしまい、朝になって部屋を出たら、そっちの部屋のほうが涼しかった反エコ人間です(--;

そんな晩夏に相方と衣笠の江南飯店へ行ってまいりました。
昨年は上海蟹を逃してしまったので約一年ぶりのご無沙汰!

店主Andyさんはそんな不実な僕にも笑顔で出迎えてくれました♪
「何か冷茶でも如何です?」というAndyさんに「ではでは東方美人を♪」というと、ちょうど仕込んでありますと!
以心伝心♪
e0057035_12441581.jpg


【本日のメニュー】
e0057035_12444257.jpg

1.前菜
2.海鮮フカヒレアボガド冷製スープ
3.天然車海老の香味揚げ
4.魚の浮き袋金華ハム上湯煮込み
5.帆立貝柱と完熟マンゴーの銀紙包み焼き
6.石首魚の高菜風味姿煮
7.紅ひゆ菜のガーリック炒め
8.天使の海老とヘチマのチャイニーズリゾット
9.楊枝甘露
10.桃リッチミルクプリン


まずは前菜♪
殻ごと揚げた香ばしい海老、圧し豆腐(細く切ったバージョン&厚めに切ったバージョン)、クラゲの酢の物。
この圧し豆腐が面白く、特製唐辛子だれを載せていただく。
e0057035_124509.jpg


アボガドのスープは前回はフカヒレ姿煮の温製スープでした。
今回はさらっとしたスープで夏向きの美味スープ♪
フカヒレ、海老、帆立などの魚介がたっぷり!
e0057035_12451817.jpg


おおぶりの天然車海老がAndyさん特製のXO醤とともにかりっと揚げられていて殻&尻尾までバリバリいただける。
e0057035_12453740.jpg


今回のメニューでびっくりだったのがこの魚の浮き袋!
1m強のイシモチの浮き袋だそうで、この調理法も特殊。
こういう中華食材、いったん干してあるっていうのは何となく想像がつくんだけど、その戻し方が面白い。
これ、このままスープで煮ちゃうと跡形も無く溶けてしまうんだそうで。
それを防ぐために塩で乾煎り炒めにするそうです。それをじっくりスープで煮込む手間のかかりよう。
ぷりぷりの未体験な食感フカヒレ以上の衝撃(^^
e0057035_124615.jpg


浮き袋が食材単体での驚きならば、食材の組み合わせの妙に驚愕したのが「帆立貝柱と完熟マンゴーの銀紙包み焼き」♪
レア気味に火の通った帆立の甘みとマンゴーの濃厚な香りと甘さが、不思議なことに絶妙にマッチング~指でOK
他にアスパラ、長ネギ、金針菜、パプリカなどが一緒に包まれてますが、このアスパラ一つにしても細かい隠し包丁が入れられたりして、ホント手抜きの無い丁寧な仕事に脱帽です。
e0057035_12462198.jpg


先ほどのイシモチの姿煮が本日のメイン。
この白身がふわっとした程よい火の通りでたまらなく美味。
高菜の塩味と細切り生姜のアクセント、骨までしゃぶりたくなる一品でした。
e0057035_1247049.jpg


この後、紅ひゆ菜というちょっと変った野菜の炒め物が出るはずだったんだけど(^^;
でも、いいんです、はっきり言って相方も僕もかなり満腹状態。

〆はいつも麺が多いんですが、今回は珍しくリゾット♪
ストレスのない環境で成長する天使の海老は病み付きの旨さ。
ヘチマの食感も心地よく、満腹だったはずの胃の中にすんなり入ってくる優しい味。
中華粥とリゾットのいいとこ取りのような一品でした。
e0057035_12475040.jpg


さてさて、デザート一品目は土日限定の「楊枝甘露」。
レッドグレープフルーツの浮いたココナッツミルクの中に、ナタデココ、杏仁豆腐、完熟マンゴー、マンゴープリン、タピオカ、わらびもち、アロエがたっぷり入った贅沢デザート!
e0057035_1248931.jpg


デザート2品目は桃の香りが爽やかな「桃リッチミルクプリン」♪
黄桃のデザートをちょっと期待していたんですが、なかなか仕入れられない食材ということで、今回Andyさんも恐縮してらっしゃいました。でもでも十分に美味いデザートですよ、この桃プリンも♪
e0057035_12482734.jpg


食後のお茶も美味しかった!
2回教えていただいたのに失念してしまいましたが、この中国茶の冷茶がなんともフルーティで爽やかな香りが鼻をくすぐります。

そんなお茶とAndyさんとのお喋りが楽しくって、ついつい長居(^^;
気がつけば13時入店で16時半近くまでお邪魔しちゃいました。
[PR]
by amarali1969 | 2008-08-23 23:42 | 江南飯店~食事

兄ぃ、横浜に来る♪

ネットで、リアルでいつもお世話になっている、関西は芦屋の雄、石龍子さんがただいま東京滞在中。
爬虫類仲間では兄ぃと慕われる石龍子さん、忙しい合間を縫って、横浜に降臨されました♪

果たしてグルメな兄ぃを満足させられるか、楽しませることができるか、ドキドキです!


お昼過ぎ横浜駅で待ち合わせ、元町を目指してみなとみらい線へ。
元町でランチに選んだのは映画好きの石龍子さんのために『ジキルとハイド』というオムライス屋♪
e0057035_21451884.jpg

このお店、オムライスはそこそこ旨い程度なんですが、映画のコレクションが半端無いので映画好きには結構楽しめる店なんです。
映画『300』を愛してやまない兄ぃ。映画で使われた「盾」が最近コレクションに増えたのでぜひそれを見せたかったというのも、このお店を選んだ理由だったり。


続いて中華街に人を招待すると必ず連れて行く『悟空茶荘』でまったり中国茶をいただく。
e0057035_21462050.jpg

兄ぃは中国緑茶(名前失念!)、僕は『白芽奇蘭』♪
プラス『敦煌デザート(中国風パフェ)』を二人でオーダー。

お茶を堪能しつつミュージカル論、お互いの相方の価値観論を。
兄ぃの豊富な引き出しに話が尽きない!

『悟空茶荘』で玉に瑕なのは土日は煙草が吸えないこと。
お互いニコチン摂取をするために場所をカフェ・フラワーに変えてしばし歓談。


そうこうするうちにディナーの時間に。

兄ぃにぜひ味わっていただきたかった『イノウエ グリリア』にお連れする♪

このお店をグルメな兄ぃに紹介するのはある意味、挑戦でありガチンコ覚悟(^^;
さて吉と出るか凶と出るか!

結果、ご満足いただけたようでほっと安堵。

☆生ハムと果物(石垣島のパイナップル)~前菜♪
e0057035_2147941.jpg

以前いただいた生ハムには洋梨が付いてましたが、今日はパイナップル!
この甘酸っぱさは意外にも生ハムにどんぴしゃの相性♪
これは幸先がいい!

☆ムール貝の白ワイン蒸し~前菜♪
e0057035_21473632.jpg

程よく効いた大蒜と黒胡椒、ちょうど良い塩加減、あっという間に平らげる(^^

☆サルディーニャ島産のカラスミのパスタ♪
e0057035_2148147.jpg

パスタ、兄ぃのは撮り忘れ・・・
兄ぃのパスタは地鶏のレバー煮込みのパスタ。

☆カサゴのグリル~メイン魚♪
e0057035_21482485.jpg

相変わらず、ここの魚は旨い!
火の通し加減が絶妙で、ぱさぱさ感の全く無いぷりぷりな仕上がりの白身は、ガル兄さんをして「明石の鯛より美味」と言わしめた逸品!
せっかくだからひとまわり大振りな鬼カサゴをチョイスすればよかったかなと後悔。。。

☆子羊のグリル~メイン肉♪
e0057035_21484843.jpg

脂と肉の旨味をシンプルかつワイルドに味わえる。
付け合せのポテトもまた旨いんだなぁ。

☆パンナコッタ~兄ぃのデザート♪
e0057035_21491389.jpg

生ハムに添えられた石垣島の完熟パインをソースにしていただくさっぱりデザート♪

☆白桃のソルベ~僕のデザート♪
e0057035_21493033.jpg

前回もいただいた桃の甘い香りが鼻をくすぐるデザート。


ネット上ではしょっちゅう絡んで身近な兄ぃ、リアルでお会いするのは3回目、しかもこんなにじっくりお話をしたのは初めて。
兄ぃの謎もかなり解けてすっきり(不躾な質問、ご容赦!)。
[PR]
by amarali1969 | 2008-08-03 23:49 | イノウエ グリリア~食事

花火と鰻♪

神奈川新聞主催の花火大会。

横浜駅からみなとみらいへと進む人の流れがあまりに凄すぎて、花火大会への会場へ行くのは諦めました。

家に帰ると、窓ガラスを揺るがすほどの爆音で「あ、始まったな」って。

玄関出てそっち方面を見てみると、やってるやってる♪
e0057035_61342.jpg

結構家からでも鑑賞に堪える花火が観ることが出来ました(^^;
来年は屋上を大家さんに頼み込んで解放してもらおうかなぁ。


で、相方とは今季初めての野田岩の鰻♪
相方と行くのを楽しみに、ここ数日、鰻食べるの我慢してたんですわ。
まぁ仕事が忙しくて営業時間に間に合わなかったっていうのもあるんだけど。。。

白焼き(志ら焼き)と鰻重が楽しめる「かさね」を注文♪
e0057035_615590.jpg

e0057035_62936.jpg

e0057035_622794.jpg

今回天然ものの指定はしなかったんですが、養殖でもここの鰻は十分旨い!
白焼きの臭みの無いことといったらもう!
鰻の脂で山葵の辛味は全然感じず、その風味だけが心地よく口に残ります、これ、オオトロなんかと同じ原理ね。

白焼きで食欲が増して一気に鰻重へ。
まずは山椒無しで鰻を味わう。
ここの辛めすっきりのタレ、好みなんだよなぁ♪
そして蒸し・焼きのバランスも好き。
半分ほど堪能して、山椒をかける。
一気に鰻の味わいが華やいで、あとはかき込むだけ!

至福の時間はあっという間、相方に「鰻だと食べるの早すぎ(笑)」と(^^;

デザートはこれも定番の南高梅の甘露煮。
e0057035_624390.jpg

驚くほど甘酸っぱい梅に口が一気にさっぱり、これなら鰻重もう一杯いけますよ。


鰻の後はランドマークまで自転車こぎこぎ。
虎やさんのカフェ「虎屋茶寮」で涼味をとる♪

☆宇治氷(白玉・練乳トッピング)♪
e0057035_642829.jpg

濃厚な抹茶は最後まで溶けた氷に薄まらず、その風味を味わえます。
和三盆で丁寧に作られた糖蜜、白インゲンの優しい甘さの白餡が美味!

☆甘味いろいろ(宇治氷小サイズ、最中、水羊羹、抹茶グラッセ)♪
e0057035_644338.jpg

相方はいろいろ楽しめるこちらのメニュー。

自転車こぎこぎで噴出した汗が一気にひいて爽快♪
[PR]
by amarali1969 | 2008-08-02 23:13 | 野田岩~食事