<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009江南上海蟹秋宴菜単♪

10月10日からスタートした江南飯店の上海蟹コース♪

楽しみにしていた本日、堪能してきました上海蟹!

13:00衣笠駅に到着。

店内に入るとウェルカムティー鳳凰単叢蜜蘭香の冷茶とAndy氏お手製のメニューがお出迎え♪
e0057035_513441.jpg


今日の主役、上海蟹が紐で縛られてご挨拶
ごそごそ手足をばたつかせる活きの良さ!
ごめんね、これからじっくりいただきますから成仏してね♪
e0057035_5141438.jpg


早速、最初の一皿が運ばれてきます。


☆おぼろ豆腐XO醤仕立冷や奴
e0057035_515572.jpg

しっかりした食感のおぼろ豆腐は江南飯店自家製でにがりが多目、存在感があるもの。
XO醤には蟹味噌が隠し味になってます(事後説明で判明!)。
トッピングの胡桃は中国の野生の胡桃。
普通の胡桃より襞が無く小粒なんだけど、これが香りが強くて美味。
こんなところにもAndyさんの素材へのコダワリがうかがえます。
豆腐の横に添えられたメキシコクラゲがいい食感で美味♪


☆殻付き車海老の烏龍茶香味揚げ
e0057035_5171248.jpg

ぱりっぱりに揚げられた車海老の香ばしいこと!
それにビックリの烏龍茶葉。
程よいしっとり感が海老によく絡んで、これはホント美味しかった!


☆丸ごと上海蟹 in オレンジ
e0057035_5183677.jpg

二年ぶりの対面!
運ばれると立ち上るオレンジの甘い香り!
これが大好物の相方と僕、上海蟹の季節に欠かせないメニューになっちゃった。

なんでオレンジと蟹がこんなにも相性がいいのかわかりません。
もう理屈じゃないんだなぁ。
オレンジの香り、甘さ、酸味が上海蟹の濃厚な味噌や卵と一体になると絶妙な科学反応を起こすとしか言い様が無い!


☆上海蟹姿蒸し
さあさあ、真打登場!
しばし沈黙して蟹と格闘!
今年の蟹もホントに旨かった、もう言いようのない幸福感。。。
e0057035_5194189.jpg

e0057035_520178.jpg



☆ドラゴンフルーツと2種海鮮の自家製XO醤炒め
e0057035_5211397.jpg

本日のサプライズな一皿はこのドラゴンフルーツ♪
普段食べなれないこのフルーツが火を入れるといいソースになって海鮮に絡みつく。
海鮮のぷりぷり感もどんぴしゃちょうどいい加減。
奇を衒った料理に見えて実はよく相性を研究して作られた一品なのだなぁと本当に感心してしまう。。。


☆極上フカヒレたっぷり上海蟹みそ姿煮
e0057035_5215938.jpg

濃厚な蟹味噌の海に泳ぐフカヒレの分厚いこと!
間違いない、間違いない!

この絶品スープはちょっと残さなくてはいけません、拷問だ・・・


☆蟹肉と海老のミニ炒飯
e0057035_5224384.jpg

パラパラなシンプルで美味しい炒飯が・・・
残しておいたフカヒレスープでこう変わります!
e0057035_5231119.jpg

かー! なんて贅沢。


大満足でお腹も膨らんで、デザートタイムに突入♪

☆紹興酒とココナッツのブラマンジェ自家製酒粕添え
前回もいただいたお気に入りのデザート。
ブラマンジェ単体でいただくのと酒粕と一緒にいただくのとで全く別物に変化する不思議なデザート♪
e0057035_5244031.jpg



☆豆腐花紅糖黒蜜風味
これは温かいデザート。
にがりが濃厚でちょっとふわふわする危険なデザートです(^^;
蕩けるような舌触り、独特の香り、病み付きになる・・・
e0057035_5254115.jpg



☆貴妃茶香杏仁豆腐
いつもは蜜蘭香のシロップでいただくんですが、より繊細な今回のお茶も素敵だ。
滑らかな杏仁豆腐は毎度のことながら絶品です!
e0057035_5262664.jpg


素晴らしい秋宴を提供していただいたAndyさんに感謝!!
毎度、ゆっくりしたランチ(13時から16時)で食べつくした感がある上海蟹ですが、今回いただいたのはメス蟹。
身を楽しむオス蟹が11月下旬から始まると聞くとまた来たくなる・・・
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-31 23:12 | 江南飯店~食事

気の利いたレストラン♪

今日のランチは久しぶりの外食☆

馬車道駅近くのイタリアン「ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)」へ。

オープンテラスのついた風通しの良い店内、入ってみると意外と広い。
厨房は半オープンキッチンで、その一角にピザ用の大きな石窯が設置されてます。

フレンドリーなカメリエーレに導かれてほぼ中央の席へ。
天気の良い日はテラスが気持ち良さそうなんだけど、今日は生憎の小雨模様・・・。

料理の説明も気さくで丁寧。
人によっては説明が長いと感じるかも、僕はいろいろ聞いてるのが楽しいので好印象でした。

二人でオーダーしたのは、前菜、パスタ、メイン、ドルチェのダヴィンチ・コース。

それに追加でズッキーニのモッツァレラチーズ詰めフリット。
芯の部分がホクホクで花のところがチーズと風味が合ってふっくら美味。
e0057035_563852.jpg


前菜はちょっとびっくり。
ランチのコースなので一品ちょこんとあるぐらいかと思ってたら、様々な魚介とサラミが盛り合わさっています。アン肝のペーストとか本マグロのマリネとかどれも素材がいいの。
e0057035_57451.jpg


同じコースだけど、相方のほうは肉抜きにカスタマイズしてくれて、サラミのかわりに新子のリゾット添え、海胆とトマトのカナッペなど、なんだかこっちのほうがいいなぁと思わせる一皿(^^;
e0057035_581788.jpg


僕のパスタはお薦めされた渡り蟹のリングイネ、身のたっぷりつまったオスを一匹使った濃厚なソースが絶品の一皿。火を入れたトマトとの相性もいい、酸味がいい。
暫し沈黙で蟹に集中♪
e0057035_585544.jpg


相方は魚介たっぷりのペスカトーレ。
こちらもアサリの身はずしに暫し沈黙して集中♪
e0057035_592843.jpg


僕のメインは子羊のグリル、切れるナイフのせいだけではなく、ホントに柔らかなんだわ。
パリッとした脂がまた旨い。
e0057035_510961.jpg


相方のメインはアラの炭火焼、シンプルだったけど塩加減が絶妙だったみたい。
e0057035_5103511.jpg


結構満腹の二人に駄目押しのドルチェ。
コーダ・ディ・アラゴスタというナポリの伝統菓子で意味は「伊勢海老の尻尾」。
サクサクのパイ生地の中にラム酒の利いたカスタードクリームがたっぷり。
珈琲のアイスクリームも添えられたアーモンドカラメルと一緒に食べると香ばしくて美味しい。
e0057035_51158.jpg


ここは夜も来てみたいお店だな♪
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-24 23:05 | 食事

マクヴィカーの“SALOME”が凄い♪

なかなか良いよ、という評判は聞いていたロイヤル・コヴェントガーデン歌劇場の「サロメ」。

やっと今日になってDVDを買ってきて早速見ました。
e0057035_4493674.jpg

このDVDの魅力はサロメ役のナージャ・ミヒャエルに尽きる。
シュトラウスが理想とした声は「イゾルデ」の声をもつ16歳の王女。
これまで見てきた映像でこの理想に最も近い容姿と声を持ったソプラノです。

前半からして愛らしく綺麗な顔立ちと異様なまでのフェティシズムにのめり込む狂気の
ギャップにやられます。
汗まみれで長髪の太ったジャック・ニコルソンのようなヨカナーンに纏わりつく様は観客
が引くぐらい異様。

中盤の七つのヴェールの踊りではストリップこそ無いものの、ヴェールの代わりに七つ
の部屋が舞台上を移動して、サロメは下着姿で継父ヘロデを時に少女のように、時に
蟲惑的に誘惑する演出。
最後の部屋はサロメと継父ヘロデが姦淫することを観客に想像させて終わるのも面白い。

ことを終えてさっぱり顔のヘロデにサロメがヨカナーンの首を要求します。

ここからが圧巻。

処刑人ナーマンは一糸纏わぬ素っ裸のボディビルダー。
ヨカナーンの首を持って現れる時に、これでもかというぐらい全身血まみれで現れます(これがジャケ写真)。

で、またこのヨカナーンの生首が小道具として不必要なくらい超リアルに作ってあって、更にどれだけ血を含ませてあるのかってぐらい、血がひたすら滴ってくる。

なので、この生首を受け取るサロメは舞台が進むにつれて全身血まみれになるんです。
血まみれでヨカナーンの生首を弄び、最後にはキス。

下手なホラー映画より衝撃的なこの演出が、ナージャ・ミヒャエルの演技と歌唱で「きわもの」になることを回避してるわけです。
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-23 23:47 | 音楽

やかん抱えてトボトボと♪

先日、お茶を淹れようと珍しく薬缶でお湯を沸かしていたら、いつの間にか忘れて思いっきり空焚き…
黒焦げになっただけでなく、一部鉄が爆ぜて穴が空いちゃって(ToT)

使用頻度はティファールのポットのほうが勝るんだけど、無いならないで困る薬缶。
いろいろ見てみてもなかなか気に入ったものが見つからない。

そんなところへ、いつも茶壷を購入している麻布の海風號さんが薬缶のコレクションを放出するというので、早速行ってきました♪

いままで気にしてなかったので、こんなに薬缶がディスプレイされてたのに気づきませんでした。
いや、その数5、60個はあるんじゃないかな。裏の倉庫にはもっとあるって・・・

事前にホームページでチェックしていたものを並べてもらいました。
e0057035_443297.jpg

どれも魅力的なんだなぁ。。。
薬缶奥深い!

これ↓は、候補でなく目の保養で出してもらったもの。
イギリスのアンティークで1000ポンドしたものらしい、15万円くらいか。。。
もうここまでいくと芸術品!
e0057035_4444392.jpg


1950年代のアメリカ製で、真鍮です。
これも結構気に入ったんですが、長く使うには飽きちゃうかもと思って断念。
e0057035_4451996.jpg


昭和20年代の日本製で、アルミ。
存在感があって、質感がいい!
思わず決めちゃいそうになったんだけど、ちょっと重たいかな・・・とこれも思いとどまる。
e0057035_445494.jpg


で、結局持ち帰ったのはこちら♪
e0057035_4461572.jpg

e0057035_4464934.jpg

1960年代のアメリカのものでアルミ製です。
いたってシンプルだけど、機能美に溢れてます。
これは長く使えそう!

例によってちょっとディスカウントしてもらって、お茶までオマケにつけてもらったり、本当にいつも有難うございます♪

後日、海風號店主、設楽光太郎氏とデザイナー渡辺かをる氏のA.Y.A(麻布やかん組合)編著の「やかんの本」をamazonで購入。
e0057035_4471910.jpg

これでまたやかんの魅力にはまっていく・・・
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-22 23:42 | 茶器

リンゴのコンポート♪

この時季になると作るリンゴのコンポート。
今年は好みの酸味の強いリンゴが出回るのが遅くて。

リンゴとひたひたの水、グラニュー糖、カルヴァドス、シナモンのスティックを鍋に入れ煮るだけ。
e0057035_441468.jpg

これをぐずぐずにならない程度柔らかく煮て、冷やす。
冷ましていると、一度出た水分がカルヴァドスやシナモンの香りをともなって再びリンゴの中へ。

シナモンはパウダーだと強すぎるのでスティックを半分に割って入れるぐらいが調度いい。
e0057035_4413666.jpg

お好みでシナモンパウダーやバルサミコ酢をかけて。
僕はこのままのほうが、子供の頃に食べた味で、なんだか懐かしくて好き。

ミントは絵的に添えましたが無くてもよしです。
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-19 22:40 | ドルチェ

バンブー・キャビネット♪

先週、中華街のアジアン家具屋さん「LOOP」で注文したキャビネットが届く♪

午前中指定だったんだけど、結構早く届いて10時前。
昨日のうちに置き場所確保で片付けておいて良かった~
e0057035_4365250.jpg

こんな感じで扉が竹になってます♪
e0057035_4374011.jpg

中に食器、上には炊飯器や電子レンジ、ロースターを置こうと思ってました。
直接これらを置くと木の素材が傷むかなぁと思って、ウォーキングも兼ねてニトリでマットを買ってくる。

で、こんな感じにセッティング。
e0057035_438644.jpg

中は棚が一段しかないので、事前にamazonでディッシュラック を購入しておきました。
e0057035_43843100.jpg

おぉ、なかなか良い感じに収納できました♪
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-18 23:39 | その他・雑記

お墓参り♪

久しぶりに墓参り。

どれだけ久しぶりかというと、横浜に住み始めて初めて、ということは14-5年ぶり!
この罰当たり者!

津田沼駅に家族で待ち合わせ。
9:30に姉とまず待ち合わせていたんだけど、寝坊して大遅刻。。。
結局10:30に河口湖から車で来た両親と合流。

習志野の墓苑に向かうと、そこかしこ懐かしい風景。
以前は毎年行っていたお墓参り、凄いノスタルジーを感じつつお墓に手を合わせてきました。

家族4人が揃うのも久しぶり。
ということでお昼を皆で食べようね、ということになっていました。

千葉市内で評判がいいお寿司屋さん「蓮池丸万寿司」に予約を入れていました。
電話の応対が凄く良かったのですでに好印象なんですが、お店に入ると板さんたちは威勢がよく、仲居さんはとても親切でいいお店で良かったと安堵。

座敷に通されると、和室なんだけど椅子仕様♪
足の悪い母親にも喜んでもらえました。

早速注文♪

☆丸万好み大漁
e0057035_4331280.jpg

中トロ2貫 赤身 金目 イクラ 赤貝 いか アナゴ 玉子 巻物

量は少ないけど仕事が丁寧でどれも美味しい!
年老いた両親にはちょうどいい量だったかも。

でもちょっと物足りないので、追加で。

☆あじ&こはだ
e0057035_434483.jpg

脂の乗った鯵、いい塩梅に〆られたこはだ、ともに美味♪

アナゴがとっても美味しかったのでこちらも追加。

☆あなご一本、柚子胡椒とつめで
e0057035_434412.jpg

ふっくらアナゴも美味しいんだけど、この柚子胡椒バージョンが衝撃的に旨い!!

お寿司も旨いんだけど、細やかな気配りやサービスがホントに気持ちのいいお店。
両親、姉ともに満足していただけたようで、来年もちゃんと墓参りをして(僕意外は毎年きてますが・・・)このお寿司屋さんに来ることに決定。
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-17 23:32 | 食事

干物ブーム♪

ここのところ毎日のように干物♪

今朝も鯵の干物で朝ごはんだったし(^^;


そして相方との夕飯は金目鯛☆
e0057035_4291650.jpg

身がふっくら肉厚で、二人で一尾、十分でした。
何故か甲斐甲斐しくホウレン草のおひたしを作って、糠漬けを切って(^^;
e0057035_4295451.jpg


例によってデザートは買ってあります。。。

霧笛楼のアップルタルトとペアータルト☆
e0057035_430522.jpg

e0057035_4311288.jpg

アップルタルトはカラメルとリンゴが香ばしく、ペアータルトはとろーり甘酸っぱい洋ナシが美味い!
[PR]
by amarali1969 | 2009-10-15 04:24 | 食事