<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しらすのパスタ♪

元町でたまには新しいお店を開拓しようと。

元町の仲通りの入口付近にある「JPASTA(ジェイパスタ)」というお店。

お店の入り口にある黒板に「釜揚げしらすのパスタ」と書いてあるのが魅力的で、お店に入って見る♪

1,880円のランチコースを注文。
ガーリックトースト+ランチスープ+ランチサラダ+本日のランチパスタ+ソフトドリンク+季節のジェラートと言う内容。

パスタは本日のパスタ数種から選べる。

まずは、香ばしいガーリックトースト♪
e0057035_21572297.jpg

しっかり大蒜が摺り付けてあって、食欲をそそる香りがぷんぷん。
パン自体は軽いバケットなんだけど、満足の食べ応え。

スープはトマトが濃厚なミネストローネ♪
e0057035_21575730.jpg

相方はベーコンを避けて飲んでましたが、トマトがとても美味しい濃厚なスープ。
酸味が利いてる!

ドレッシングの美味しいサラダ♪
e0057035_21582839.jpg

多分、ドレッシングは味噌ベースなんじゃないかな。
ちょっとピリッとくる玉ねぎとかいろいろ入ってそう。
隣の席のお客がこのドレッシングのレシピを訊いてましたが「企業秘密です」と流される、そりゃそうだ(^^;

で、いよいよパスタ。

僕のは「あかねシラスのパスタ柚子風味」♪
e0057035_2159277.jpg

釜揚げしらすが新鮮で旨い!
たっぷりの葱と水菜の食感がいい、意外にもこれだけの野菜がすーっと食べられてヘルシー。

パスタ自体はバタークリームベースのシンプルな味付けで、しらすやイクラの塩味で十分美味しくいただける。


相方は「月見したすのパスタわさび風味」♪
e0057035_21593720.jpg

こちらは逆に卵でしらすなどの塩味がまろやかになるみたい。
わさびも良く合っていい感じの刺激。
[PR]
by amarali1969 | 2010-02-20 21:56 | 食事

ミニマムなアレーナ・ディ・ヴェローナというパラドックス♪

今日は大学時代の同期とオペラ鑑賞♪

東京国際フォーラムでヴェルディの歌劇「アイーダ」を観てきた。
e0057035_2153028.jpg


アレーナ・ディ・ヴェローナ財団が往年の名テノール、プラシド・ドミンゴとコラボして一夜限りの「アイーダ」を公演。場所は東京国際フォーラム!
前から5列目のど真ん中。音響の悪い箱だけど、しっかり声は響いてきました♪

あ、同期の女子にバレンタインのプレゼントをいただいちゃった!
e0057035_21541262.jpg

かえって気を遣わせちゃったね! ありがとう!

アレーナ・ディ・ヴェローナというと約16,000人もの観客を収容できる古代ローマ時代の屋外闘技場跡地で開催される野外オペラの殿堂。とにかくスケールのでっかい演目が特徴で大群衆に象は出るは馬は出るは、スペクタクルな演出が観客を魅了します。

東京国際フォーラムのAホールでオペラが演奏会形式ではなく通常の舞台形式でかかるのは初めてだそうで。理由はその舞台の奥行きの無さ。
大掛かりな舞台転換が必要なオペラでは、通常表舞台の後ろにそっくりそのまま舞台が入るスペースが必要で、特にヴェルディの「アイーダ」とかプッチーニの「トゥーランドット」では奥行きは大事!

そんなこんなでアレーナ・ディ・ヴェローナがオペラをかける小屋としては東京国際フォーラムほど予想だにしない場所は無いわけです。

逆に演出家にとってはこれほど挑戦し甲斐のある舞台はないかもしれない。

そして演出家が出した答えは背景はCGコンピュータグラフィックスを使うということ。
舞台後方に大きなスクリーンがあって、そこに古代エジプトの風景や遺跡を効果的に投影するもの。
これがなかなかはまっていて、特に第三幕以降は非常に効果的だったよ。
大舞台が必要なアレーナ・ディ・ヴェローナをいかにミニマムな舞台に仕上げるかと言う逆説に見事な答えを出した感じ。

歌手ではダニエラ・デッシーのアイーダの独り舞台!
ラダメスのファビオ・アルミリアートも線は細いが一生懸命さが伝わる熱唱で尻上がりに良くなっていきました。
あとはアモナズロの新進のバリトン、クラウディオ・スグーラが存在感のある演技と歌唱で舞台に深みを与えていた。

ドミンゴの指揮はオケを鳴らせるよりも一歩引いてダニエラ・デッシーの完全サポートに徹しているようで。

ともあれ、オペラ舞台の新しい可能性がちょっと見えるような舞台だった。
[PR]
by amarali1969 | 2010-02-14 21:51 | 音楽

チョコ祭り2010♪

聖バレンタインデーとかはどーでもいいんだけど(^^

この時季にしか出ないチョコが目当てで♪

今日は横浜そごうへ、相方と待ち合わせて開店前からスタンバイしてチョコレート狩りに行ってきました☆

目の色変わった女子が大挙して押し寄せる前に二手に分かれてチョコを狩れ!

相方3店4種、僕は5店のチョコレートを♪
e0057035_21293814.jpg

並べると壮観!

ではでは、一箱づつ詳しく。

まずは相方セレクト♪

☆ローエンシュタイン
e0057035_21302322.jpg
e0057035_21305025.jpg

ドイツの老舗ブランド♪
6つのアソートの内容は、爽やかな酸味のブラッドオレンジトリュフ、マールドシャンパンのクリームが濃厚なローエンシュタイン、ビタークリームトリュフ、甘すぎないヌガータルト、ビターコーヒー、さくさくのフレークミルク。

☆九州焼酎 菓蔵 焼酎生チョコ 伊佐美
e0057035_213121100.jpg
e0057035_21314199.jpg

これは昨年相方が買ってきてくれて、お酒が駄目な僕が絶賛したもの。
今年も買ってね、とリクエスト。
芋焼酎「伊佐美」をゼリー状にして、それを生チョコでくるんだものです。
これは本当に旨いの!

☆九州焼酎 菓蔵 焼酎生チョコ 五百年蔵
e0057035_21321581.jpg
e0057035_21323779.jpg

伊佐美と同じ九州焼酎 菓蔵のもので、こちらはお酒の香りがストレート。
僕にはちょっときつすぎかな、でも美味しいんだよね。


☆マルキタ星野笑店 侍の生チョコ
e0057035_2135760.jpg

e0057035_21343098.jpg

ウケ狙い的なネーミングやパッケージとは裏腹に、この生チョコはすっきりしていて実に食べやすい!
切れ味のよい刀でばっさりやられた爽快感?!


☆つわもの 一刻者
e0057035_21332268.jpg

e0057035_21361698.jpg

一刻者(いっこくもん)は鹿児島弁で頑固者という意味らしい。
この「つわもの」シリーズは戦国武将をイメージしたアソートを何種類か用意していて、この一刻者は上杉謙信をイメージしたらしい(鹿児島弁なのに・・・)。

中身はビターガナッシュ、甘酒、塩キャラメル、胡麻。
「敵に塩を送る」の上杉謙信だけに塩キャラメルか(^^;


続いて僕のセレクト♪


☆ピエール・マルコリーニ マルコリーニ エボリューション
e0057035_21365313.jpg
e0057035_213756.jpg

新作フレーバー、でも王道。


☆ジェルボー シシィBOX
e0057035_21374359.jpg
e0057035_21375871.jpg

初めて聞いたハンガリーのショコラ。
150年の歴史があるらしいですよ!

トカイワイン(貴腐ワイン)で風味付けしたボンボンショコラ3種とアプリコット風味が1種♪

☆ジェルボー チョコレート ダーク
e0057035_21384099.jpg

これはまだ開けてないんだけど、試食したらシンプルなビターなチョコレートで美味しかった♪


☆テオブロマ マロンショコラ
e0057035_21405346.jpg

e0057035_21395147.jpg

大粒のマロンをまるごと1粒コーティング!
このマロンがいわゆるマロングラッセで洋酒が利いてて美味しいの。
食べ応え十分の大きさも嬉しいね。


☆ノイハウス セレクション 6個入
e0057035_21393965.jpg
e0057035_21412772.jpg

銀座の入りづらいお店で2-3年くらい前に買ったなぁ。
でもチョコは旨いんだなぁ。
今回はオーソドックスなノイハウス セレクトを。


☆京はやしや 日本茶ショコラ
e0057035_21421386.jpg
e0057035_21422867.jpg

宝暦3年(1753年)創業の老舗茶園の和ショコラ♪
茶色いのがほうじ茶のトリュフ、緑は抹茶のトリュフ、ごつごつのが抹茶クランチ 茶円(ちゃまどか) 。
口どけとともにほうじ茶の香りがふわ!

☆京はやしや 抹茶生チョコレート
e0057035_2142587.jpg
e0057035_2143755.jpg

これも京はやしやさんのチョコ。
抹茶を練りこんだ生チョコです♪
お姐さんに試食を勧められて、即買いしちゃった(^^;


まだ全部は食べてないけど、どれもあっという間に無くなっちゃうんだろうなぁ・・・
[PR]
by amarali1969 | 2010-02-13 23:43 | ドルチェ