<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トリノ王立歌劇場の『ラ・ボエーム』♪

e0057035_037072.jpg

指揮:ジャナンドレア・ノセダ
ミミ(sop.):バルバラ・フリットリ
ロドルフォ(ten.):マルセロ・アルヴァレス
マルチェッロ(bar.):ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ
ムゼッタ(sop.):森麻季
ショナール(bas=bar.):ナターレ・デ・カローリス
コルリーネ(bas.):ニコラ・ウリヴィエーリ
トリノ王立歌劇場管弦楽団・合唱団
杉並児童合唱団
演出:ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ(ヴィットリオ・ボレッリ復元演出)

本日は有給休暇をとって東京文化会館へオペラを観に行ってきた。
イタリア最古参の歌劇場、トリノ王立歌劇場の『ラ・ボエーム』だ。

今日の東京は34度!
そんな中、年末から春先にかけてが舞台の『ラ・ボエーム』です、雪がチラついて、凍える手が冷たい! そんな情景は脳内補完。

ジャナンドレア・ノセダの指揮は、この起承転結ばっちりのオペラを敢えてメリハリをつけず、終始はっちゃけること無く、美麗に響かせる。
それはあたかも第四幕の悲劇的結末を予見させるようで、通奏低音のように死の気配がまとわりつく。そういう解釈も面白いといえば面白い。

ただ、やっぱり『ラ・ボエーム』というオペラは、最終幕にどれだけノスタルジーを感じられるか、楽しかったあの頃を走馬灯のように回想できるか、その落差に観客はせつなさのどん底に突き落とされるわけです。

なので、一幕・二幕、三幕のムゼッタとマルチェッロのパート、四幕の前半はこれでもかっていうぐらいコテコテのはっちゃけた楽しさが欲しい。ま、好みですがね(^^;

そうは言ってもノセダの第四幕後半の節回しは絶妙で、最後の一音までが悲しみに溢れています。拍手も忘れるほど、せつなく、沈痛。

演出・舞台は空間の余白を巧く使うことで、歌手の心情をフォーカスする絶妙の配置に感心。
第三幕の雪の舞い散る冷たく透明な情景の美しいこと!

e0057035_0374714.jpg

歌手ではミミのバルバラ・フリットリが絶品!
容姿・声質・演技、全ての要素がまさにディーバのオーラ漂う貫禄。
アンサンブルオペラのバランスを壊すことなく飛びぬけた実力を遺憾なく発揮。

ロドルフォのマルセロ・アルヴァレスは、リリックな美声で期待通りの適役。
ただ、一幕は声の伸びがイマイチであまり前に飛んでこない。
見せ場の『冷たき手を』でも音を下げてHi-Cを回避(DVDで出てるメットのカレーラスと同じね)。
後半に行くにしたがって上がり調子でフリットリと遜色なく渡り合える声質になったのは良かった。

期待以上に良かったのは森麻季のムゼッタ。
線の細いキャラ&声質ながらも艶っぽいムゼッタを頑張って演じていたのが好印象。
ただ、これは演出・衣装の問題なんだろうが、元来ムゼッタって、彼女が登場すると舞台上の空気がガラッと変わる、そんな役割が音楽的にも演劇的にもあると思う。
第二幕の初登場でもど派手に登場して、それまでの和気藹々としたロドルフォ一行の空気を一変させる。三幕でも悲しい別れのデュエットを歌うロドルフォとミミのかたわらでマルチェッロとの罵り合いで、その対比の妙という異質な空気の歪みをもたらす。そして四幕のロドルフォ達の悪ふざけ馬鹿騒ぎをばっさり凍りつかせる登場。
この空気を変える効果が全くといっていいほど空振りに終わっている。
二幕の初登場ではエキストラの娼婦のほうが派手はでしく、全然目立たなくって思わず探しちゃったほど。

トリノの管弦楽団はノセダの意図ということで鳴りをひそめがちな演奏ではあるものの、歌手に寄り添う劇場職人的な巧さのあるオケでした。

いろいろ目に付くことはあったけど、非常にレベルの高い公演であったことは確かで、感動的な上演に立ち会えた幸せに大満足の一夜だった。
[PR]
by amarali1969 | 2010-07-28 23:35 | 音楽

オリエンタル・ビューティー2010♪

南関東では梅雨が明けたようです。
いよいよ夏本番ですか。

この時季に欠かせないのが中国茶の冷茶要員たち。

毎年、ジャスミン茶とオリエンタル・ビューティーこと東方美人が必ず冷蔵庫で冷えています。


そんな東方美人が本日、届きました。

まずは香りを愉しむために熱いお湯を注いでいただく。

はぁ。

甘い香りと僅かな酸味と香ばしさ、今年もウンカ(浮塵子)に感謝♪


そして、やっちまいましょう、冷茶!

まずはキンキンに冷やしたグラスに氷をたっぷり。
e0057035_2351279.jpg

気持ち長めに淹れた東方美人をそのままグラスに注ぎます。
e0057035_2353122.jpg

うん、たまらないね♪
本当に美味しい。

お茶請けには一緒に届いた烏龍茶梅と・・・
e0057035_23533123.jpg

メルマガ特典の金柑のシロップ漬け!
e0057035_23535786.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2010-07-15 23:49 | 茶葉

懐かしき黄金色の小箱♪

ベルギーチョコレートのレオニダス。

以前は銀座ソニービルの裏あたりだったかに店舗があった頃には、よく会社帰りに気軽に寄ってぽろぽろ買っていたものだけど。

同じ銀座でも2丁目のほうはちょっと行きづらく、ソニビル裏店が無くなってからはすっかり足が遠退いてしまった。

5年ほど前は月一で食べていたものが実際どのくらいご無沙汰だったかというと、2008年の3月以降口にしていない。


そんなレオニダスがtwitterを始めたようで、早速フォローしてみたら、このアカウント担当者が結構まめにRTしてくる。

なんだか昔を思い出してHPなど覗いてみたら、なんと横浜にも店舗ができてるじゃないですか!
2008年11月オープンらしい、全く気がつかなかった。

そんなこんなで、早速水曜日に寄ってきた。


なんとも懐かしい、黄金に輝く小箱♪
e0057035_2118446.jpg

久しぶりだったので、あれやこれや6種類×2購入♪
内訳:ピスタチオ、マロン、ノアゼットマスクミルク、ノアゼットマスクホワイト、フリュイドメール、マンジャン
e0057035_21192962.jpg

やっぱり、ここのチョコは美味しい!
1個からの量り売りで、コスパも高い、相変わらず。

ここのところ冷茶ばかり淹れていたのだけれど、久しぶりに熱々の木柵鉄観音を淹れてみた。
チョコレートには濃い目の木柵が本当に良く合う。
e0057035_21195456.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2010-07-14 20:47 | ドルチェ

長谷寺の紫陽花&つるやの鰻♪

サッカー観戦とゲームでほぼ眠れずそのまま鎌倉に向かう。
妙にハイテンションな僕・・・。

鎌倉から、まずは江ノ電で長谷駅へ。
平日の鎌倉は小学生の遠足(修学旅行?)が多い!

大仏か、長谷寺かと迷ったところ、紫陽花の様子を見に長谷寺へ向かうことに。

長谷寺境内はなんとも落ち着く♪
e0057035_1812271.jpg

e0057035_18134377.jpg

e0057035_18132820.jpg

e0057035_18131451.jpg

e0057035_18135599.jpg

紫陽花は終わりかけ、若干元気がない。
e0057035_181517.jpg

e0057035_18144420.jpg

e0057035_18143025.jpg

でも、睡蓮やリンドウが綺麗に咲いていたので良と♪
e0057035_18154445.jpg

e0057035_18153451.jpg

本当は長谷で鰻を食べようという計画だったんだけど、以前行ったことのある鰻屋『浅羽屋』が、なんだかファミレスみたいな外観にリフォームしちゃったので、がっかり。
凄く趣のある日本家屋だったのになぁ。。。

そこで、急遽予定を練り直し、こういうときにiPadが役に立ちます。
お店検索、予約をして和田塚駅へ。

2年ぶりの来訪です、鰻屋『つるや』さん。
e0057035_18163488.jpg

2階座敷でゆったりと。
鎌倉彫の器が懐かしい!
e0057035_18165935.jpg

e0057035_1817920.jpg

ふんわりした鰻は格別!

鎌倉まで歩いて銭洗弁天を目指す、これもう恒例行事。
e0057035_18175376.jpg

e0057035_18181316.jpg

そしてこれも恒例行事、茶房雲母(きらら)で甘味♪

相方はクリーム白玉フルーツあんみつ♪
e0057035_18184914.jpg

僕は宇治金時氷 白玉練乳トッピング♪
e0057035_18191210.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2010-07-08 23:10 | 食事

冷やし中華と酔っぱらい海老@中華街 獅門酒楼♪

相方を誘って中華街へ。
事前に冷やし中華の美味しそうなお店を検索。
ヒットしたのが横浜中華街の関帝廟(かんていびょう)近くにある 『 獅門酒楼 』 というお店。

初めてのお店で不安だったけど、ここは予想以上にヒットでした♪
なにより、冷やし中華が海鮮であること。

それからお店お薦めの「酔っ払い海老」がね、とっても美味かったのよ!

☆酔っ払い海老♪
e0057035_274429.jpg

e0057035_275728.jpg

紹興酒ベースのスープに漬け込んだ活きたままの海老。
最初は重たいガラスの蓋を持ち上げるほど暴れてましたが、次第に痙攣して酩酊失神状態に。

はい、なんとも残酷です。でもね、美味しくいただくために成仏してもらいました。

更に酔っ払った海老は夢見心地のまま熱湯の中へ♪
e0057035_282490.jpg

絶妙の茹り加減でフィニッシュ♪
e0057035_284456.jpg

頭の味噌に紹興酒が沁みこんで絶品!
茹で具合最高で身もぷりっぷり!!



あと、中華街のコーンスープは必ず頼んじゃう♪
e0057035_291060.jpg


そして、
☆海鮮冷やし中華♪
e0057035_210776.jpg



透き通った塩ダレでいただくすっきりした冷やし中華、美味い♪
半生の帆立、可愛らしいイイダコ、先ほどとは違ってしっかりボイルされた海老、青々しさを残した蚕豆、丁寧に湯剥きされたプチトマトと具沢山!!

中華街のお店にしては珍しく(笑)とても店員さんがフレンドリーで、とても良いお店を見つけたなぁと満足♪
[PR]
by amarali1969 | 2010-07-03 23:05 | 食事