<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

響きはどこまでも情緒纏綿と♪

e0057035_14182712.jpg

メトロポリタン歌劇場2011年来日公演『 ラ・ボエーム 』に行ってきた。

指揮:ファビオ・ルイージ(←J.レヴァイン)
ミミ:バルバラ・フリットリ(←アンナ・ネトレプコ)
ロドルフォ:マルセロ・アルバレス(←ジョゼフ・カレーヤ)

演出:フランコ・ゼフィレッリ

実際、ミミとロドルフォは昨年のトリノ王立劇場来日公演の『 ラ・ボエーム 』と同じ組み合わせになっちゃいましたが・・・。
これでノセダが代役だったら観に行かなかったかも(そして後悔しただろう)。
指揮者と主役二人が交代、原発事故の影響でネトレプコはチェルノブイリのトラウマがあるそうで。
同じ来日公演で『 ドン・カルロ 』のエリザベッタを歌いに来日したフリットリが飛行機を降りたらミミに変わったのでヨロシクと告げられてビックリしたそうだ。

そんな色々あった来日公演だけど、結果的には磐石の布陣で臨む『 ラ・ボエーム 』となりました。




まずは素晴らしかったのが、ロドルフォ役のアルバレス。
昨年のトリノのときはHi-C回避だったり、それほど調子は良くなかった。
今回は本来のキャスティングが彼でも良かったのではないかというぐらいの調子の良さ。

情感の発露、声質の明るさ、ロマンティックな艶のある響き。
アクートの力強さも鳴りも半端ない。

『 冷たき手を 』のHi-Cもクリアで聴き応えある迫力。

彼の最後の“Mimi・・・!”という慟哭で思わず、不覚にも、涙した。


そして貫禄のという言葉が似つかわしくなってきた、バルバラ・フリットリ。
この人のミミは何度観ても聴いても涙腺を刺激する。
ちょっとかすれた箇所はあったけど、それも気にならないほどの演唱にうっとり。


端役だけど、道化役のべノアとアルチンドロをMETの大御所ポール・プリシュカが演じていたのが嬉しかった。
80年代のMETのビデオでは必ず目にする常連歌手。トゥーランドットのティムール、シモン・ボッカネグラのフィエスコ、トロイアの人々のナルバールなどなど何回見返したことか。
お元気で来日されたことが本当に嬉しい。


児童合唱・・・流石に来日はできなかったか、TOKYO FM児童合唱団とのこと。
2幕に非常に活躍する児童合唱、ことごとく演技が下手、というか可愛くない。
品祖でそこだけ学芸会?という感じでトホホなでき。
NHK少年少女合唱団(だっけか)を使っても同じかなぁ、いっそ芦田愛菜でも使っとけ。


指揮のファビオ・ルイージ、この人のオペラは生は初めて。
実演だとマーラーのコンサート(ドレスデン)でその響きを堪能した。

この人のオペラでの音作りが本当に情緒纏綿で素晴らしい。
イメージで申し訳ないけど、この人の音楽はもっと知性を優先させたかっちりしたものかと思ってました。
それをマーラーのコンサートでもイメージを裏切られたこと、思い出しました。

特に素晴らしかったのが第3幕のアリア『 あなたの愛の声に呼ばれて出た家に 』から続く二重唱&四重唱、第4幕の冒頭の二重唱。
結構歌手をひっぱり情感を引き出す、出色の指揮さばき。



ボエームはビデオでも実演でも何回も見ているけど、その音楽の美しさ、青春の普遍性、ノスタルジィの罠に毎回やられてしまう。
[PR]
by amarali1969 | 2011-06-17 23:17 | 音楽

鰻堪能@麻布野田岩横浜店♪

急に鰻のスイッチが入ったよ、パチン!

土用がどうこう旬がどうこう言う輩は放っといて、とにかく僕の体内時計が鰻を欲する時季。
そして僕の中で鰻の特別なお店はやっぱり野田岩さん。

天然だけでなく養殖だってレベルが高い。
蒸しと焼きの加減が絶妙。
タレのすっきり感が半端ない。

鰻ほど個人の嗜好が分かれる食い物はない。
西・東によっても調理が違うし、関東でもタレの具合は店によって千差万別。
自分が昔から食べてる鰻が一番だったり、鰻はこういうもんだ!という思いいれも人それぞれ。

なのでこの野田岩さんが全ての人にお薦めNo.1 ということではない。
僕にとってのスペシャルな鰻が食べられるというだけのことだ。


そんな前置きはこれぐらいにして、昨日はこの野田岩さんで『 かさね 』をいただいた。

一つのお膳に 白焼き(志ら焼き)・うな重・お造り・香の物・肝吸い・燻製鰻 が揃っている。
e0057035_14151349.jpg

e0057035_14152717.jpg

まずは白焼き、このお店では『 志ら焼き 』と書きます。
たっぷりの山葵をつけて専用のたれにつけていただきます。
e0057035_1415554.jpg

ふっくらして、ほろほろと崩れそうなぐらい柔らかく蒸され、慎重に焼かれた鰻はしっかり脂がのっていてたっぷりの山葵がその辛味を無くして風味だけになる。


そして志ら焼きのお重をはずすと、うな重が出てきます。
e0057035_14161795.jpg

少し固めのご飯がすっきりしたタレを吸って、もう絶妙の状態。
しっとりとタレをまとった鰻は志ら焼きとは違った艶やかさ。
まずはそのまま半分いただき、残りの半分は山椒をかけていただく。

至福。

今回びっくりしたのは一緒についてきた『 鰻の燻製 』。
見た目はざく切りにした蒲焼なんだけど、一口食べてみると、しっかりした上質の獣肉のベーコン。
これが川魚の身や脂とは思えない驚き。

野田岩のフランス店ではこの燻製のサラダを出しているようです。確かにサラダに合うかも。


最後に出てきたデザートは水羊羹。
この水羊羹も変わっていた。
全く甘くない!
小豆の甘さだけで一切砂糖を入れてないんじゃないかな。
鰻の脂をすーっと落としてくれる上品なデザートでした。
e0057035_1416446.jpg

e0057035_14165448.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2011-06-16 23:13 | 野田岩~食事

満腹の海鮮丼定食@すし元♪

美味しい魚が食いたい、しかも安く!
ということで、伊勢佐木長者町にある街の寿司屋さん風情の『すし元』さんにいってみた。
e0057035_14102993.jpg

平日ランチはもちろん土日もランチ営業してるというのが嬉しい。
寿司定食、海鮮丼定食が1,200円、数量限定マグロ漬け定食800円!

この値段である程度のネタだとまぁ味噌汁ぐらいついてくるのかなと思っていたら・・・
e0057035_1411794.jpg

小鉢や大盛りサラダ、身がたっぷり残ってるアラ汁などなど凄いボリューム!
このアラ汁がばかうま!!
これはCP高い定食でした。


この日は横浜各所でイベントが盛りだくさん。
横浜スタジアム脇の横浜公園では『横浜開港記念バザー2011』が開催されてました。
こういうイベントの屋台って、毎年トレンドというか流行があるみたいで、今年は鳥皮餃子の屋台が多かった。
e0057035_14113372.jpg

e0057035_14114355.jpg

中華街の山下町公園ではたまたま中国雑技団の演技に遭遇。
ビール瓶4本の上に椅子を載せ、さらにその上に5脚の椅子を載せて、そこで倒立!
ホントに手に汗にぎっちゃった!
e0057035_1412819.jpg

この他ゾウの鼻パークや元町、横浜美術館でもイベントがあったみたい。
元町のレースカー走行なんかは観に行けばよかった・・・。
[PR]
by amarali1969 | 2011-06-05 22:09 | 食事