今季初のうなぎ♪

鎌倉から横浜に帰り、家でしばらくまったりした後、夕食に。

横浜野田岩本店で鰻をいただく。
e0057035_8305584.jpg

今季初めて鰻を食べます。
何故でしょうか、6月に入るとホント無性に鰻が食べたくなるのは。

志ら焼きと鰻重を楽しめる「かさね」を注文。

「かさね」を待つ間、肝焼きをいただく。
とうとう、野田岩のメニューから「肝焼き丼」の名前が消えてました。
僕は野田岩でこの「肝焼き丼」を食べるのが夢だったんだけど・・・

仲居さんにその旨伝えると、「夢は捨てないでくださいね」と幾分意味不明な回答(^^;
メニューに無くても「今日は肝焼き丼」あります? って訊き続ければいつかは食べられるってことでしょうか!?

そんなことを思いつつ、一人一本限定の「肝焼き」をいただく二人。
e0057035_831186.jpg


そうこうしているうちに「かさね」が運ばれてくる。
お重二段の上の重には志ら焼き、下の重には鰻重が
お造りにメバチマグロ、箸休めに胡麻豆腐、香の物、肝吸いがついてます。
e0057035_8321030.jpg

まずは志ら焼きから頬張る♪
e0057035_8322456.jpg

ふっくら焼き上げられた川魚のように癖の無い白焼き。
適度な脂と旨味のバランス、もう絶品。

なんかいつもこうなるんだけど、僕のほうに必ず尾っぽの部分が来るの。
そうすると幾分ボリュームが少ないんだよね~

それを差し引いても早食いの僕は相方がまだ半分志ら焼きを食べ終えたところで、鰻重に突入(^^;
e0057035_8323661.jpg

やっぱり旨い、ここの鰻重は。
タレの塩梅、蒸し・焼きの加減、お米の炊き方、全てが好み。

もっと至福の時間を長く味わっていたいんだけど、こと鰻に関しては箸が止まらない。
あっという間に完食。
ゆっくり味わってる相方のお重の中身を恨めしげに眺めてしまいました。

〆は毎度おなじみ、梅の甘露煮。
e0057035_8324792.jpg

さっぱりして口も胃袋もリフレッシュ。
入店した時間に戻って注文からやり直したい衝動に駆られる(苦笑
[PR]
by amarali1969 | 2009-06-12 23:59 | 野田岩~食事


<< 江南初夏菜単♪ 紫陽花&甘味@鎌倉♪ >>