相方が全力で祝ってくれた誕生日 ディナー編♪

ゲームは後の楽しみとして、相方の予約してくれた晩餐のお店に向かいます。

今年もてっきり昨年の『真砂茶寮』さんだと思ってたんですが、なんとこのお店ミシュランで2つ☆をとっちゃったらしくて、現在予約が非常にとれない状況にあるようです。。。
そーだよね、あの料理とコスパ、接客なら当然だよね。。。

ということで、全く予想がつかないまま相方についていくと、戦前から続く老舗の日本料理 『梅林』でした!
e0057035_215210100.jpg

落ち着く和の個室で懐石をいただくことになりました。

ビールで乾杯していると、板さんが入ってきて今日の特別料理を選んでくださいとタライの中を見せます。
たらいの中には元気に蠢くウナギや毛蟹、大振りのサザエが。

迷わず天然ウナギを選ぶと、料理法も蒲焼と白焼きのうちから選べるようです。
ここも迷わず白焼きで!

もうこの時点でドキドキしつつ料理を待ちます。

☆先付け
海老、たけのこ、ワカメを優しい出汁で煮含めてあります。
e0057035_2153177.jpg

☆鱈の小鍋
旬の鱈があつあつのお鍋で! この日はまたとんでもなく寒かったので嬉しい♪
白子もぷりぷりで至福!
e0057035_2153392.jpg

e0057035_2154710.jpg

ここで、このお店の大旦那さんが入ってきて、お造り用の山葵を擂ってくれると!
山葵を擂るのって鮫の皮なのはわかるんだけど、この大旦那さんが持ってきた鮫の皮は使い込まれた4、50センチはある大きな鮫の皮。
仲居さんの話によると、クリーミーで香りの高い山葵を擂れるのは大旦那さんだけなのだということ。
e0057035_2154242.jpg

この山葵はお造りと鰻の白焼きに大活躍!
☆お造り
大間のマグロの大トロと赤身、氷見のブリ、だけ産地を憶えてます(^^;
その他、伊勢えび・ヒラメ、平ら貝、真鯛、鯵、水蛸。。。
先ほどの山葵がわざわざ大旦那さんのパフォーマンス付きで供された意味がわかりました。
これは本当に美味しい!
大間のマグロの大トロには大量に載せていただいたんだけど、全くつんとした刺激が無く、ふわっと風味が広がる心地よさ。
e0057035_2155168.jpg

☆特別料理 鰻
まず出てきたのが鰻の心臓!!!
これが焼酎の中でぴくぴく鼓動を打ってるんですよ!
e0057035_2156750.jpg

いばらく見入って、心臓だけ僕がいただいて焼酎は相方に(^^;

続いて、白焼きが登場。
e0057035_21563438.jpg

こちらはあら塩と山葵だけでいただきます。
天然の脂の載った鰻はジューシーで香ばしい。
山葵も良く合う!
川魚のような爽やかな風味と力強い皮身の香ばしさが絶品。
本当に特別料理のチョイスを鰻にして大正解でした!!

しばらくして、鰻の頭が登場。
e0057035_2156585.jpg

こちらは蒲焼風にしてあり、白焼きにしたのになんだか二度美味しい鰻という感じになりました♪

☆口休め 氷トマト
冷やしたトマトに日向夏を挟み、青じそのジュレでいただきます。
日向夏の爽やかな甘さとトマトの酸味が決してぶつかり合うのでなく、いい感じに調和して口の中がさっぱりしました。
で、また食欲が増すスパイラル・・・
e0057035_21573640.jpg

☆揚げ物
ふぐの唐揚げ、蕗の薹、ヤングコーンの揚げ物。
ふぐの身がふっくら、そしてしっかりした風味。
e0057035_21581657.jpg

☆焼き物
カレイの焼き物でした、で僕のほうにだけ卵が(^^;
e0057035_21585872.jpg

☆椀物
蛤芯丈(はまぐりしんじょう)です。
少し脂ものが続いたので、ここですっきりさっぱり。
e0057035_21594314.jpg

☆ご飯
このお店の名物の鰻と牛蒡の棒葉蒸し♪
鰻のうんまいタレがしみこんだおこわがもっちり旨い。
ほおばの香ばしい風味もしっかりご飯にうつって味わい深い。
一緒にでてきた伊勢えびの漁師汁・・・もう絶句。
e0057035_2202221.jpg

e0057035_2203264.jpg

最後のおこわでもう、満腹中枢メーターが振り切れました。
もう動けない・・・。

☆水菓子
イチゴ、マンゴー、メロンを糖蜜のジュレの中に沈めたさっぱり爽やかなデザート。
e0057035_2211477.jpg

個室のまったり空間でいただく大満足のお料理、これは最大のサプライズでした。

いろいろ頭を悩ませて、素敵な一日になるような演出で驚かせてくれたり、笑わせてくれたりした相方に感謝感謝の誕生日祝いになりました。

本当に今日は一日ありがとうね!
[PR]
by amarali1969 | 2011-01-15 23:59 | 食事


<< 男のフレンチ@ブラッセリー・ア... 相方が全力で祝ってくれた誕生日... >>