年末の家族の宴。

年末は両親と姉を横浜に招いて家族の忘年会。

自分プロデュースで中華街を案内。中華大通りの賑わいや関帝廟での記念撮影を楽しみ時間まで中華街をぶらぶら。

中華街の名物といえば天津甘栗の路上販売。
「おねえさん、甘栗甘いよ~」の掛け声とともに、特に女性をターゲットにあつあつの甘栗を差し出してきます。
「こんなに甘栗の路上販売があっても誰も買わないよね(^^」なんて家族の先頭を歩いていたら、母親が「あんまり勧めるもんだから・・・」って甘栗一袋お買い上げ。そりゃ、生活かかってますから必死ですよ甘栗売りも。
僕ね、初めて見ました、中華街で甘栗買った人。。。

そうこうしているうちに予約の時間となりました。
今回チョイスしたお店は広東家庭料理「菜」。あんまり高級すぎても恐縮されちゃうし、せっかく中華街にきたんだから美味しいお店に連れて行きたい。ということで肩肘張らずに美味いものが食べられるこのお店。

前菜はアヒルや豚をじっくり揚げ焼したものの冷製。皮がぱりっとして美味い。ココのお店のオープンキッチンには丸ごとのアヒルや豚の半身などが吊るされているんだけど、これは素材や技術に自信がある証だと思う。
e0057035_23484861.jpg

フカヒレのスープは丸のまま入ったフカヒレもさることながら、干し貝柱や鶏がらなどから出たスープが非常に深みのある美味さ♪
e0057035_23491642.jpg

前回訪れた時も一番美味しいと感じた、伊勢海老のマヨネーズ合え。楽しみにしていたのでさっさと取り皿にとってからの撮影。。。
e0057035_234935100.jpg

青菜炒めは思いの外、大蒜が利いていて美味しい箸休めになりました。
e0057035_23495273.jpg

角煮豚とお芋の鍋味噌煮。甘めの中国味噌でじっくり煮込んだとろとろの角煮とほくほくのお芋がなんとも美味い、体も暖まる一品。
e0057035_23501115.jpg

上海蟹の春雨煮込み鍋。蟹味噌は母親に進呈。意外と足にも肉が詰まっていてラッキー♪
e0057035_23502973.jpg

姉に好評だったのが春巻。パリパリの皮、あつあつでボリュームたっぷりの具。僕も好きなんです、この春巻。
e0057035_23504447.jpg

店内の市場からチョイスしたヒラメの蒸し煮。ふっくらした美しい白身を堪能。これは皆に好評でした。
e0057035_23505998.jpg

もうね、この辺でご老体二人は満腹らしい。ここでチャーハンや焼そばだったら僕もやばかったんですが、この刀削麺の焼そばはいくらでも行けそうな感じ。独特な食感で味付けもシンプルで、これは美味かったです。
e0057035_2351131.jpg

デザートはタピオカ入りココナッツミルク、グレープフルーツ果実入りでさっぱり。


満腹満腹でお店をあとにする。

是非父親を悟空茶荘に案内したかったのだけど、生憎満席でかなり待ちそう。しかたなく緑苑直営の茗香閣というお茶屋さんで中国茶を楽しんでもらう。それぞれ4種の中国茶をオーダーして回し飲み。阿里山茶、金宣茶、武夷肉桂、鳳凰単叢といった違いのわかりやすいもので楽しんでもらう。
e0057035_2351341.jpg

[PR]
by amarali1969 | 2005-12-30 23:46 | 食事


<< 遅ればせながら初詣♪ いろいろもらったX'mas >>