文山包種茶-蔵出し2005春-

軽陰微雨。
そんなタイミングに飲みたいお茶。

大好きな文山包種がさらに深みを増して、それはまさに遠い記憶の残り香、雨上がりの竹林を散策したときの、ふと木漏れ日に匂い立つ蒼の香りのようだ。

また、素晴らしいお茶をご提供していただいた台湾茶ドットネットさんに多謝。
[PR]
by amarali1969 | 2006-02-28 00:42 | 茶葉


<< 忍野のお蕎麦。 イル・ピノーロ レヴィータ >>