秋の宴~上海蟹 in 江南飯店

e0057035_1515468.jpg

本日は衣笠の江南飯店でAndyさんの絶品上海蟹のコースに悶絶してきました。

連休中ということで予約取れるか心配だったのですが、逆に連休の中日でOKだったようです。

久しぶりの江南飯店、Andyさんの笑顔に迎えられ、さぁ上海蟹秋宴の始まりです!

今回も肉抜き特別コースメニューを無理言ってお願いしました。毎度のことながら感謝です!


☆特上天然車海老の香味揚げ
e0057035_1522896.jpg

カリっと皮ごと揚げられた香ばしい車海老、身はぷりぷり柔らかなのに皮はサクサクカリカリ!
これに絡められたのは大蒜やXO醤(だと思う)クコの実などを芳ばしく揚げた衣で、これがまたいい味。これそのまま炒飯やラーメンに入れるだけで格段に美味しくなりそうな魔法のシロモノ。
初っ端から先制パンチをいただきました。

☆丸ごと上海蟹 in オレンジ
e0057035_152488.jpg

続いては大きな驚き!
くり抜いたオレンジの中に丸々上海蟹の味噌も卵も身も閉じ込めたAndyさん渾身の一作。
まず、見た目から想像して絶対に冷製だと思っていたのに、オレンジの蓋を持ち上げたらこのオレンジが温かくてビックリ!
温められたオレンジの皮から立ち上る甘い香りに混乱寸前。。。
が、一口中身の上海蟹を頬張るとこれが驚きとともに納得の味!
オレンジの香り・酸味・甘味になんと蟹が絶妙に合うんですよ!
相方と二人で思わず顔を見合わせてしまいました。
料理人Andyさんをあらためてリスペクトした瞬間でもありました。
このお料理、Andyさんの創作だと思ったら、実は宋の時代からの伝統的な上海蟹の料理法だそうです。もう中国の美食の奥深さとそれを見事に再現したAndyさんの手腕に脱帽です。
あぁ、すでにノックアウト寸前。。。


☆陽澄湖産メス上海蟹の姿蒸し
e0057035_1532136.jpg

e0057035_1533723.jpg

すでにメロメロの二人の前にAndyさんが手にしてきたのは美しく縛られた二匹の上海蟹。
陽澄湖産の証であるタグもしっかりついていて、手足の自由を奪われているものの目玉を必至に動かしてもがいてる活きの良さ!
人間とは残酷であり美食は罪だね、などと言いつつ蒸し上がりを楽しみに待っている二人。

で、綺麗に紅く蒸しあがった上海蟹です♪
e0057035_1544582.jpg

e0057035_1552012.jpg

割ってみると中にはぎっしりと卵と蟹味噌が納まっています。
e0057035_1555060.jpg

ここからは「幸福な沈黙」の時間です。
二人とも黙々と蟹を“しがみ”、身をくり出し食べる、只管食べる。味噌と卵はそのまま、身はAndyさん特製の生姜とパクチーの利いた付けダレでいただきます。このタレが蟹の味を殺さず素晴らしくその美味しさを引き出してくれます!

あっという間に幸福な時間は終わり後には至福の残骸が残りました。
e0057035_1562048.jpg



☆白菜の芯と中国餅の上湯とろとろ煮
e0057035_1565583.jpg

前半戦終了。続いてサーブされたのはなんとも優しい白菜の上湯スープ。
すき焼きや鍋の最後の最後、出汁が煮詰まり野菜の甘味がでたあの一番美味しい状態を想起させるスープです。白菜の甘味が十分引き出されトッポギのような歯ごたえのある中国餅に絡まります。
こういうところに料理人Andyさんの優しさがあるんですよね。

☆たっぷり上海蟹味噌のヨシキリ鮫尾びれ姿煮
e0057035_1572462.jpg

皿上に広がるのは食べる喜びに満ち溢れた湖。
e0057035_1574682.jpg

その湖中に贅沢に横たわるのは手間と巧みな技をかけてもどされたフカヒレです。このスープ、浴びたいです、いっそのこと泳いでしまいたい!
濃厚な蟹味噌はやはり陽澄湖産の上海蟹のもの。どれだけ贅沢なコースなのかってことです。

☆毛蟹入りミニ炒飯
e0057035_1582121.jpg

で、〆は毛蟹のシンプルではあるけど美味しい炒飯。これがなぜシンプルなのかは、これに上記のフカヒレのスープをかけていただくわけです!
e0057035_1584696.jpg

フカヒレのスープをかけた瞬間、炒飯の香ばしさがふわっと引き立ちました、これもAndyマジック!

☆蜜香烏龍茶ピーナッツケーキ
e0057035_159986.jpg

デザートの一品目は初めていただくピーナッツケーキ。
これはいわゆる胡麻豆腐の食感でピーナッツの濃厚な甘さが病み付きになるデザート♪
まわりのソースは蜜香烏龍茶で作られていて、これがまたピーナッツの甘さと相乗効果!

☆濃厚とろける杏仁豆腐
e0057035_1593316.jpg

最後の最後は前回、Andyさんが是非とも食べて欲しいと仰っていた杏仁豆腐。

これは凄いですよ。

舌の上で溶けてなくなる、常套句ですがまさにこの杏仁豆腐のためにある言葉です。さらにその喉越しの爽やかさ!
杏仁豆腐のシロップはこれまた爽やかなレモンシロップです。
こんな杏仁豆腐は食べたことがないです。


1時半から5時近くまでの至福の時間はあっという間に終わってしまいました。

Andyさんの料理は常に期待して訪れると、必ずそれ以上の驚きと愉悦を与えてくれます。この人の引き出しはどれだけあるのだろうか、全ての引き出しを開けてみたくなる、そんな方です。

本当に今日も素晴らしい時間を有難うございます!

e0057035_1595884.jpg

▲Andyさんお手製の本日のメニュー♪

≪江南飯店≫
〒238-0031 神奈川県横須賀市衣笠栄町1-22-16
TEL:046-852-9595
JR横須賀線衣笠駅から徒歩3分
[PR]
by amarali1969 | 2006-11-04 20:50 | 江南飯店~食事


<< 生誕100年記念ダリ回顧展 中秋節 月餅フェア@横浜中華街 >>