人気ブログランキング |

生誕100年記念ダリ回顧展

雨に霞む上野公園を抜けて上野の森の美術館へ。
念願の「生誕100年記念ダリ回顧展サポーテッドバイ興銀第一ライフ・アセットマネジメント(長い!)」に行ってきました。
e0057035_1241876.jpg

雨足も強くなってきたので土曜日とはいえさほど混んでいないかなぁとたかを括っていたら、入場に20分待ちの長蛇の列。エルミタージュにしようか仏像展にしようか迷いましたが、せっかくなので初心貫徹、ダリ展に入りました。
e0057035_12414791.jpg

会場内はまるでベルトコンベアのようで、とても自分のペースで鑑賞できる状態ではない。それでも順路を変えて自分なりの目線でじっくり鑑賞しようと心がける。

結構心に残った絵が何点かあった(鉛筆で素描された「ガラの肖像」とか「原罪」とか)。もうちょっと広い美術館でゆったり見れたらいいのになぁと横浜にルーブルが来た時にも思ったけど。

それにしても、生誕100年記念の回顧展でもうちょっと主要な作品が展示されててもいいのになぁと残念。ガラをモデルにした絵画ももっと素晴らしいものがあるし、足長象さんのモチーフの絵も皆無。

あ、書き忘れちゃったんで補足。
会場内では映像作品も上映してました。そう「アンダルシアの犬」ね。これは、写真イメージでは見たことあるけど動画では初めて。冒頭に眼球を剃刀で真横に裂くシーンがあるので気の弱い方は注意が必要ですよ。その後の映像作家に影響を与えた資料的映像なのでできれば見ていただきたい映像ですが。
by amarali1969 | 2006-11-12 12:39 | その他・雑記


<< そうだ、フクナガへ行こう♪ 秋の宴~上海蟹 in 江南飯店 >>