鎌倉の鰻「つるや」&紫陽花♪

金曜日は会社の三連休制度でお休み♪
相方と鎌倉に紫陽花を観に行く。

ランチは昨年、行けなかった鰻屋「つるや」さん。
e0057035_5205737.jpg

この鰻屋を語る時、二つの枕詞がついてまわる。

「文豪川端康成が愛した店」
「鰻が出てくるまで40分待たされる店」

鰻自体にしても絶賛と否定に二分されるお店で、いつか自分の舌で真偽の程を確認したかった。

前日に予約をしていたので、ゆったりした2階の座敷に通される。
e0057035_5212232.jpg

e0057035_5214159.jpg

相方はまずビール、僕は烏龍茶で乾杯(^^
予約時にうな重(4,000円奮発!)を注文していたので40分も待つことなくお重が運ばれてきました♪
e0057035_522680.jpg

e0057035_522182.jpg

歴史を感じさる鎌倉彫の漆器に入った美味しそうな鰻♪
ふんわりした身、香ばしくかりかりに焼かれた皮、さっぱり辛めのタレ、これは全く好みの問題だけど、僕も相方もこういう鰻に目が無いんです(><)!
もっと味わって食べれば良かったと後悔するぐらい、あっという間に平らげてしまった、至福の時は短くて。。。

相方のビールが残っていたので酒の肴に鰻の肝の佃煮を注文。
e0057035_5224624.jpg

いや、これがまた美味い♪
肝の苦味が抜けて旨味が凝縮、その旨味が染み出た汁がぷるぷるした煮凝りを形成して肝を包んでいる。
そこにちょっと山椒を振りかけていただく、絶品♪
e0057035_5233246.jpg


この「つるや」さんは江ノ電の和田塚駅にあるんだけど、この駅にはもう一軒行きたかったお店がある。
駅の斜向かい、線路沿いにある甘味処「無心庵」。
e0057035_524471.jpg

ここ数年鎌倉に行くたびにお店の前まで行くんだけど、いつも休業で。
この日は念願叶って、お店に足を踏み入れる。
人気店だけあって座敷は満席で数組の待ち。
数分待つと、座敷ではなく奥の洋室に通された、これもラッキー♪
e0057035_5242717.jpg

「雰囲気良いよね~」なんて話していると、どこからともなく調子っぱずれなピアノの音色が。
このお店の真隣に子供音楽教室がありまして、子供たちの自由な歌声が響いてくるんだな。これが、雰囲気をぶちこわすどころか、なんだか微笑ましくて和みました♪
ここではお薦めの「まめかん」をいただく、ウマぃ!
e0057035_5245221.jpg


和田塚から極楽寺駅へ移動して成就院にて紫陽花を観賞♪
昨年は設備修復中で観覧できなかった場所。
e0057035_5252054.jpg

e0057035_5253794.jpg

e0057035_5255243.jpg

紫陽花を撮ってるんだか人を撮ってるんだか、っていうぐらい人が多すぎ!

徒歩で長谷まで戻ってCAFE「CHA-CA」で休憩。
アイス珈琲と紫陽花ワッフル(!)で一息。
e0057035_526710.jpg

抹茶と紫芋のアイスクリームを紫陽花に見立ててあるそうで(^^;
このワッフルが凄くサクサクしていて美味い!
お店の親切なマダムによれば、生地にメレンゲを加えてあるのでサクサクなんですとのこと、なるほど!

カロリー消費のためにまたまた徒歩で鎌倉まで戻り、銭洗弁天まで急な坂道をえっちらおっちら。
銭洗弁天へ行く、というより途中にある甘味処の「雲母(きらら)」が目当てだったり(^^;

宇治白玉クリームあんみつをペロリ♪
e0057035_5261878.jpg

注文してから捏ねられる白玉のふわふわ感はやはり絶品!

毎年この時季訪れる鎌倉、今年は以前からなんだかんだで入店できなかったお店を制覇することができたので、相方ともども満足の一日になった♪
[PR]
by amarali1969 | 2008-06-20 23:18 | 食事


<< 茶壷好きには寂しい夏か。。。 蛍の舞う宵♪ >>