人気ブログランキング |

2007年 07月 14日 ( 1 )

野田岩のかさね重♪

朝から降ってる雨がお昼には強い降りになってきた。
雨にも負けず~横浜野田岩にたどりつく。

ええ、また鰻です、好きなもんで(^^;

でもね、野田岩は特別。
今日は一階でいただく。予約は一応入れておいたけど、雨の所為かお客は僕たちだけ。
e0057035_1012471.jpg

ここの鰻は蒸し・焼き・たれがちょうどよい。
好みだと思うけど、僕は身がふわふわふっくら、皮がパリッと香ばしい鰻が旨いと感じるポイント。たれは甘すぎずすっきりしたものがいいね。

ふわふわ感をより感じたいなら、志ら焼(白焼き)をぜひ食べたい。

でも、やっぱりタレの利いた鰻重も食べたい。ということで、今日はお得な「かさね重」を二人で注文。今日は山口県の内海側で採れた天然ものが入ってるとのこと、ではでは天然でと。

☆野田岩 かさね重(天然)
e0057035_10122438.jpg

ばちマグロの刺身、肝吸い、お新香、茄子の煮物がついてます。
鰻屋のお新香って美味いんです、粋なところは。江戸の昔から鰻が仕上がるのを待ちながらお新香をつまみに一杯やる、これが粋らしい。野田岩のお新香は店主自ら糠床を毎日かき回してるらしいですよ。いい塩梅のつかり具合の美味しいお新香でした。

一段目 志ら焼
e0057035_10124164.jpg

山葵で軽く醤油を付けながらいただく。
身は箸でつまんだだけでホロホロと崩れそうなくらい柔らかいが皮目はしっかりとした食感。
鰻の旨さを堪能できる。あぁ、でも昨年に続き相方はお腹の幅広の部分、僕は尾っぽの細い部分で明暗が分かれました(^^;

二段目 鰻重
e0057035_10125795.jpg

さぁ真打登場、ご飯が見えない(^∀^
志ら焼より少ししっかりした歯ごたえ、焼きや蒸しの加減を微妙に変えているんだろうな。
生臭さとは無縁の上質の川魚を思わせる力強い旨みがタレに負けてない!
素敵だ、素敵過ぎる。。。

天然ものの鰻は産地と時季によってばらつきがある、天然だからといって旨いと過信するのは間違いとよく言われますが、今日の鰻は好み、どんぴしゃでした。

デザートは昨年と同じく南高梅の甘露煮。
e0057035_101321100.jpg

すっきりした酸味で口がさっぱりします。この頃には店内も混んでたのでお店のお姐さんの薀蓄は聞けなかったのが残念。


by amarali1969 | 2007-07-14 22:04 | 野田岩~食事